グッチ(GUCCI)の高価買取・査定 なら「ザ・ゴールド(THE GOLD)」

GUCCI

グッチの買取実績

グッチ(GUCCI)の買取りならお任せください

グッチを代表するGG柄やバンブーのラインは、国内に限らず海外でも人気が高く、入荷してもどんどん売れていきます。 そのため当店では高価買取を積極的に行っています。シャネルの買取りはザ・ゴールドにお任せください。親切、丁寧、明快な査定をお約束いたします。

グッチとは

1921年イタリアで創業されたイタリアを代表する洗練されたファッションブランドで、バッグ・財布・靴・宝飾品に限らず時計においても絶大な人気を誇ります。品質保証を確実なものにするためにデザイナーの名前を明記したことでも知られています。
創始者であるグッチオ・グッチは、イタリアのフェレンツェで馬具の製造を行う家系に生まれた後ロンドンへ移り、イギリス貴族の感性に触れ様々な事を学びます。
1901年故郷であるフィレンツェへ帰り、第一次世界大戦後の1921年に起業をします。
グッチオ・グッチら職人が作り出す革製品は、その品質の高さから大好評を呼び一気に高級ブランドとしての地位を確立しました。

グッチの基礎知識

グッチの買取人気モデル

グッチと言えば誰もが目にしたことがあるGG柄が代表的なモデルです。
登場したのは1960年代後半で、創始者グッチオ・グッチの頭文字の「GG」を取ったものとなっております。
このロゴをモチーフとしたデザインはグッチが初めての試みたものであり、モノグラムブームの起源とされております。
また、GG柄より歴史が古い「バンブー」もグッチの代表的なモデルと言えます。
バンブーが採用されたのは第二次世界大戦中のことであり、牛革が不足したことをきっかけに登場しました。
ハンドルに竹素材を用いた「バンブーハンドル・バッグ」は今もなおグッチの代名詞であり、この歴史は半世紀以上にも渡ります。

グッチの代表的なモデル

グッチが人気の理由

グッチはハリウッドで大人気になったのをきっかけに、一躍世界的な高級ブランドへと躍進しました。
「ローマの休日」で知られるオードリー=ヘップバーンやアメリカの大女優でモナコ王妃になったグレース=ケリー、「ピンクパンサーシリーズ」で知られるピーター=セラーズ達などに愛用されておりました。
第二次世界大戦中には、革製品が使えなくなってしまいましたが、代用品としてキャンバス地にコーティングをしたものを使用しており、その配色が思わぬ人気を生みました。
また竹素材も使用し「バンブー」としての名もアイコンとして確立することに成功しております。
そしてグッチの代表格でもあるGG柄は1960年代終わりに登場してから今もなお人気を博しております。

グッチが人気の理由

グッチの買取人気モデル

「GGマーモント」は、バッグはじめ財布や小物まで、同じ形でも素材やカラーが異なるだけで印象が変わる、定番のシリーズです。
また、竹そのものが持つ節や模様を活かしたハンドルをバッグに取り入れた「バンブーライン」やウェブラインとも呼ばれる3本のストライプを指す「シェリーライン」バッグも人気です。

グッチの買取人気モデル

グッチの買い取り相場の推移

グッチの時計は有名ブランドでありながら新品も比較的手に入れやすい値段です。
しかし、常に需要は多く安定した市場です。
買取りの際は、商品の状態で価格も変わります。

高品質で機能的でありながらおしゃれなデザインで男女共に人気を博すグッチ。
時計においてもそのポリシーは、貫かれ、女性の場合は、101シリーズ・バンブーなど今なお人気アイテムのです。
男性には、Gフェイスが人気です。年代も問わず幅広い年齢層に対応するデザインで、イタリアの遊び心溢れる上級者のおしゃれ感覚を味わえます。グッチの時計一つで上級者のおしゃれに近づくことができるでしょう。どこか余裕を感じさせる大人の時計。グッチの魅力を十二分に感じることができるアイテムです。

グッチの買い取り相場の推移

グッチの価値を高めるコツ

保証書、箱、説明書をお持ちの場合は、信用性が高まり査定にプラスになる場合がございますのでぜひ一緒にお持ちください。
多少の汚れがある場合は、傷が付かないやわらかい布で磨いてからお持ちいただくとお品物の印象もアップします。

グッチの時計の査定は、新品はもちろん修理が必要な商品までザ・ゴールドにお任せください。

グッチの価値を高めるコツ

買取強化中の財布ブランド

買取強化中のバッグブランド

買取強化中のネックレスブランド