メッキ製品の買取ならザ・ゴールド

メッキ製品の買取はザ・ゴールドにお任せ
メッキ製品の買取は
ザ・ゴールドにお任せ
当店では、金・プラチナ・コンビ・シルバー・パラジウム
アクセサリーの豊富な買取実績がございます。まずはお気軽にご相談ください。

2020年5月 40年ぶりの金相場高騰! 取引件数大増中!

メッキ製品の買取実績

メッキ製品の買取もお任せください!

メッキ製品の買取もザ・ゴールドにお任せください。査定はいつでも無料ですのでお気軽にご相談下さい。

金メッキ

ザ・ゴールドでは2016年より金メッキ製品の取扱いをしています。
金と金メッキは判断が難しいケースがあるため、以前は、せっかくお持ちいただいても金メッキの場合は、お持ち帰りいただければならないケースもありました。
2016年の金メッキの取扱いにより、多くのお客さまに、より気軽にご利用いただけるようになりました。
また、多少剥がれていたり、壊れていたり、破損していても素材としての取扱いが可能です。
メッキ刻印がある商品、磁石反応がある金色の商品など「これって売れるのかな?」と気になるお品物は、ぜひ当店にご相談ください。


金メッキ

金とメッキの違い

通常、金やプラチナは磁石につかない性質があります。
当店でお取扱いするメッキ品の多くはメッキ品の刻印がある、もしくは磁石につく金色のものになります。
例えば、中がプラスチックの金色のもので磁石に反応しない製品は、お取扱いができませんが、金のコーティングで磁石に反応する製品は、中が金ではない貴金属を金でコーティングしているメッキ品という事になるため、お取扱いが可能です。
また、メッキ製品には、「K18GP」や「K18GF」のように、メッキ製品を示す刻印がされている場合があります。
このような刻印がある場合には、別の素材(鉄やタングステン)などに、金やプラチナメッキをコーティングしてあり、すべての素材が金・プラチナではない可能性があります。


メッキ品刻印例

GPはGold Platedの略で、メッキを意味します。
GEPはGold Electro Platedの略で、電気処理メッキを意味しています。
その他にも、RGP(金張りメッキ)やHE(電気メッキ)、WGF(ホワイトゴールド張り)、PP(プラチナメッキ)、GE(Gold Electroplate 電解金メッキ)、GT(Bright (or Gilt) Gold-Plated 金箔張り)、HGE(Hard Gold Electroplate 電解金メッキ)、RGP(Rolled Gold Plate 金張り)、K18 3M(3ミクロンメッキ張り)といった刻印のあるものはメッキとなります。