掛軸・絵画の高価買取・査定ならザ・ゴールド

骨董品の買取はザ・ゴールドにお任せ
骨董品の買取は
ザ・ゴールドにお任せ
鑑定結果にご納得いただいたうえでお買取させていただきます。
まずはお気軽にご相談ください。

掛軸・絵画の買取実績

掛け軸・古美術・絵画などの骨董品のお買取りはザ・ゴールドにお任せください

ザ・ゴールドでは掛け軸や陶磁器、茶道具などの幅広く骨董品・古美術品の買取をしております。

自宅に価値のわからないものがある、遺品を整理したいなどの場合は、 捨ててしまう前にぜひ一度ザ・ゴールドにご相談ください。 大量にお品物を処分される場合は費用の軽減にもつながります。
安心してお任せいただけるよう、20年以上の経験を持つベテラン鑑定士の目で誠実に鑑定し、適正な金額で買取いたします。

↓ 詳しい内容は下記をクリックしてご確認ください ↓

骨董品買取

掛軸(掛け軸)という言葉は、日本人なら誰もが聞いたことがあり馴染みのある言葉だと思います。もしくはどこかの家で飾られている掛軸(掛け軸)を見たことがあるかも知れません。

日本で掛軸(掛け軸)とはお持ちの方も多く文化に根付いた今も愛され続ける室内装飾品のひとつです。
掛軸(掛け軸)(かけじく)とは、書や画を裂(きれ)や紙で表装して、床の間などに掛けて鑑賞するものです。

掛け軸も色々な種類をほんの一部ご紹介します。

掛軸
  • ・花鳥・動物画
    季節ごとに使い分ける掛軸(掛け軸)もあります。
  • ・趣味画
    趣味の絵なのですこし風変りな絵画が多く 作者のこだわりを感じる作品もあります。
  • ・墨蹟・書
    書は、一文字や一行書など様々あります。
  • ・山水・富士画
    自然な山などが描かれた掛け軸ですが、やはり富士山を描いた作品も多くあります。
  • ・仏画
    仏様や菩薩様などが描かれた作品です。

<掛軸(掛け軸)のお手入れ>

  • 1.掛軸(掛け軸)を触れる際は綺麗な手で。
    手油がついた状態で長期間放置するとシミが発生する場合もあります。手を洗ってから触れるようにしましょう。
  • 2.掛け軸を掛ける期間は3ヶ月が目安
    掛け軸は掛けっぱなしにするとやはり劣化が早くなります。3ヶ月程度掛けたら一度休ませるといいでしょう。
  • 収納したままにしない
    収納したままだと虫がついたり、カビがついたりと劣化のもとです。年に一度は、晴れた日に風通しの良い場所で干し予防しましょう。
  • 収納は湿気の無い場所に
    掛け軸の埃をおとして桐箱に収納し湿気の少ない場所にしまいましょう。

絵画

日本画・洋画問わず幅広いジャンルの絵画の買取を行っています。 価値がわからないので処分するか迷っている、値段次第で売却したいといった場合は、まずはザ・ゴールドまでお気軽にご相談ください。 査定は無料となっています。

絵画

骨董品を高く売るコツ

高く売るコツ1
お手入れ後に査定依頼をしましょう
骨董品に、汚れや埃が付いている場合は、依頼前に拭き取っておくと良いでしょう。逆に、傷やひび割れがある場合などは、なるぺく、そのままの状態で査定依頼をした方が良い場合があります。未開封の骨董品の場合も、そのままの状態で査定依頼をすると買取金額が高くなる可能性がありますので、開封せずに査定依頼をするようにしましょう。
高く売るコツ2
鑑定書や共箱などの付属品を揃えましょう
鑑定書がある場合は、その骨董品の価値を証明することができます。外箱、共箱、内袋などの付属品も、骨董品の説明書としての価値がある場合があるため、お持ちの場合は処分せず、一緒に査定依頼をするようにしましょう。
高く売るコツ3
骨董の鑑定力があるお店に依頼しましょう
骨董品は、作者や歴史的な価値、保存状態、市場の流行によって相場が変動する為、同じ商品でも査定するお店によって買取金額が異なります。過去に多くの骨董品を鑑定してきた経験と豊富な知識を有する骨董鑑定士は、本来の正しい価値の判断ができるため、高額査定となる可能性が高くなります。

ザ・ゴールドでは、骨董品の専門知識を持ったプロの査定士が多数在籍しております。一点一点、丁寧に説明しながら査定させていただきますので、ぜひ、お気軽にお問い合わせください。