シルバー・パラジウム

貴金属の買取はザ・ゴールドにお任せ
貴金属の買取は
ザ・ゴールドにお任せ
当店では、金・プラチナ・コンビ・シルバー・パラジウム
アクセサリーの豊富な買取実績がございます。まずはお気軽にご相談ください。

2019年10月 金・パラジウム高騰につき、取引件数が増加中!!


シルバー・パラジウムの買取実績

シルバーの魅力

シルバーと聞いて「SV925(スターリングシルバー)」を思い浮かべる方が少なくないでしょう。シルバーは貴金属の中でも、非常に柔軟性のある地金です。スターリングシルバーは銀が92.5%含まれ、銀の中できれいな色合いでかつ柔らかすぎず硬すぎない加工のしやすい純度です。多くの高級ブランドでもこのような理由からスターリングシルバーが使用されています。

シルバーの魅力

シルバーの種類について

シルバーには「SV1000」「SV950」「SV925」等があり、その種類は純度ごとに純銀(100%)は「SV1000」、95.0%は「SV950」となります。

「SV925」は「スターリングシルバー(STERLING)」と呼ばれ、たくさんの商品が存在します。
「silver」という文字のみが刻印がされている製品もありますが、これは「銀を素材としている」という意味の刻印であり、銀の純度が低いものが多いため注意が必要です。

シルバーの種類について

もっと詳しいシルバーの種類

SV1000

シルバーは金での24分法とは違い1000分法で表します。SV1000の場合はピュアシルバーと呼ばれ、日本では純銀といった名称でも呼ばれています。
つまり銀がほぼ100%使われているということですが、一般的に銀は、展性と延性が有るため柔らかく、強度面から100%の製品は少ないのが現状です。

SV958

SV958は別名ブリタニアシルバーと呼ばれています。昔はイギリスで銀貨の価値を高めるために一時的に用いられていましたが、強度面に劣るため現在では使われておりません。今ではSV950の方が日本では用いられています。

SV925

12世紀頃、ドイツ人の貨幣鋳造家がイギリスに銀貨鋳造を教えた際、用いられた銀の含有率です。それ以来SV925の事を、スターリングシルバーと呼ぶようになりました。 英語の単語に有る「sterling」もこのスターリングシルバーから来ており、その厳格な銀の純度から連想して「本物」や「信頼できる」というような意味で、英語圏では用いられています。
なおSV925は硫化し難く強度面や耐久性に優れている事から、イギリスでは1920年まで銀貨として流通していたそうです。
硬貨以外にもテーブルウェアや家具調度品、最近ではシルバーアクセサリーによく用いられていて、根強い人気を誇ります。
表面加工も光沢仕上げの他に、白仕上げ、いぶし仕上げ、梨地仕上げといった方法で仕上げることで、個性豊かな質感となります。

SV900

イギリスではSV925で銀貨を製造していましたが、その他の国ではSV900で製造するのが一般的でした。そのことからSV900は別名コインシルバーと言われています。

銀相場の歴史

銀相場は埋蔵量の違いから、金やプラチナに比べ、価格変動が大きくなる場合があります。
実際過去には銀の大相場が二度ほど起きています。
1度目は石油採掘で大成功し、一代で大富豪となった石油王のH.L.ハント氏の兄弟が1979年、いわゆるハント相場と呼ばれる銀の買い占めを行ったことによるものです。ハント兄弟は買い占めを行う前は1トロイオンス(31.103 4768 g)8~9ドルだった相場を、1980年1月には50ドルにまで釣り上げることに成功しました。しかし取引所がその銀急騰に対してかなりの強硬策で対抗した結果、最終的に11ドル以下にまで大暴落し、その結果ハント兄弟は破産しました。
2度目は世界を股にかける大物投資家、ウォーレン・バフェット氏が2011年に突如「銀の年間供給量の20%を買い占めた」と発言したことによるものです。この時、銀が大量に使われるソーラーパネルの需要が急増する予想されていたため、銀は急騰しました。しかし期待されたほどソーラーパネル需要が増えなかったことから、その後大暴落しました。

このように、銀は政界情勢や経済状況によって価格変動する相場商品です。

銀相場の歴史

パラジウムとは

パラジウムは金、銀、プラチナと同じ貴金属の一つです。耐食性に優れた白金族元素の一つで、主にロシアや南アフリカ、北米で生産され、その希少性からレアメタルにも数えられます。他の金属との合金も容易であり、加工性に優れていることから工業用の金属として幅広く利用されています。

パラジウムとは

パラジウムの種類

Pd1000

シルバーと同じくパラジウムは1000分法で表します。こちらもシルバー同様ほぼ100%パラジウムが使われているということになります。一部の国ではパラジウム貨(Pd999)を発行している国もあります。

Pd900

結婚指輪などのアクセサリー類に使われることが多く、強度もあり、 プラチナよりも軽いことからPd900を選ばれる方も多いです。

歯科用合金

医療用保険が適用される金パラジウム合金など様々な純度のものが流通しております。セラミックと並び多くの人が使用しております。

パラジウムの工業利用

パラジウムの多くは自動車メーカーや各所の研究機関等で使用されることが多いようです。2010年には日本人の根岸英一さんや鈴木章さんがパラジウムを用いた研究でノーベル賞を受賞していることからも、パラジウムへの注目度の高さを示しています。買取店に持込まれたパラジウムの多くは工業用として利用されており、その需要も高いと言われております。

パラジウムの工業利用

シルバー・パラジウムの買取りならお任せください

ザ・ゴールドではシルバー・パラジウムのお品物も刻印を確認し、各店舗に設置してある機械により正確な査定を行うことができます。いつでも丁寧・親切・明快をモットーにお客さまが安心していただける接客を心がけております。

TOPへ