貴金属の買取はザ・ゴールドにお任せ
貴金属の買取は
ザ・ゴールドにお任せ
当店では、金・プラチナ・コンビ・シルバー・パラジウム
アクセサリーの豊富な買取実績がございます。まずはお気軽にご相談ください。

2019年11月 金・パラジウム高騰につき、取引件数が増加中!!


金の買取実績

金の魅力

金は化学的に非常に安定し柔らかくのばすことができる性質があります。そして不変的な輝きを放ち、いつの時代も稀少性や権力や富の象徴として人々を魅了してきました。 今でも、金は世界的に通用する通貨としての側面を持ち「国境を越える通貨」など言われています

金の魅力

金の種類について

金は他の金属と混ぜやすいという特性を生かし、他の金属を加え合金にすることで、硬さを確保したり、美しく色が変わるといった効果が発揮されます。色にはイエローゴールド・ピンクゴールド・ホワイトゴールドなどがあります。 24金というのは混ぜ物の無い金、つまり純金です。 金の延べ棒(金塊)などはもちろん純金です。「18金」は日本で最も一般的で、配合率は金が75パーセント、それ以外の金属が25パーセントを含む金の合金です。

金の種類について

もっと詳しい金の種類

24金(純金)

金はかつて1トロイオンス(31.1035g)という単位を用いて質量を計っていました。1トロイオンスはイコール24カラットと定義されており、一般的に1金は1カラットという形になります。ということは24金は純度がほぼ100%ということになります。
一見するといいこと尽くめですが、金は柔らかい為、加工が難しくアクセサリーなどにはあまり向かないといわれています。

22金

22金は金の含有量が91.7%以上である場合に名乗れる物です。24金や18金に比べるとあまり聞き慣れませんが、一部のアジアの国は、24金より固くて丈夫で、18金より金が含まれている量が多いため、人気が高いようです。
また製造される金貨の多くは22金で作られており、我々が思うよりも多くの場面で使われています。

18金

日本において純金に並んで、知名度がある18金は、金の含有量が約75%のものを言います。金の弱点である耐久性の低さをカバーし、なおかつ変色も抑えられるともあって日本では非常に多くの場面で使われています。
一番良く使われているのが、アクセサリーです。金に銀や銅、パラジウムなどを配合することにより、イエローゴールド・レッドゴールド・ピンクゴールド・グリーンゴールドと色鮮やかに変化させることができます。

10金

10金のメリットは、値段が高い金の配合を抑える事で値段を18金よりも安く提供できることです。その為、最近では10金を使ったアクセサリーも増えています。
10金は金の配合が約42%である為、18金よりも更に固く、変色も抑えられ、傷つきにくいという特徴があります。しかしその半面、一度加工をしてしまうと、再度改めて加工するのが難しいといった弱点もあります。

金の特性と資産性

金は原子番号でいうと79番目の元素で、元素記号はAuです。 金は柔らかく展性と延性に優れるため、加工するのにぴったりの金属です。
光沢もあり、劣化もしにくいことから、古くから豊かさの象徴として装飾品に使われてきました。

またその魅力性から、金が採掘できる金鉱山をめぐって、個人やはたまた国家間で競うように発掘や略奪が起きています。
えばコロンブスが新大陸を発見後、アメリカ大陸に住む先住民から金を略奪したという歴史があります。またアメリカ合衆国ではゴールドラッシュが起きると、金をめぐって多くの人が住居を移動して一攫千金を狙いました。

このように非常に需要の高い金ですが、埋蔵量はそれほど多くなく、一説には精々一辺が20 mの立方体に収まると言われています。その希少性から現在でも髙価値を有しており、世界中で通用する資産として根強い支持を誇っています。

以前は多くの国で金本位制を採用して、経済運営を円滑に行っていました。しかし1960年代以降のアメリカで貿易赤字対策として行ったニクソン・ショックをきっかけに、世界中が金本位制から現在の変動為替相場制に移行していきました。

金の特性と資産性

金相場の歴史

金相場にとって、1990年代は冬の時期でした。株式や債権、不動産投資に人々の関心が向かい、金相場は2000年まで下落を続けていました。
しかし2001年から金相場が、上昇の兆候が出始めました。原因は2001年9月11日に起きた米国同時多発テロにより、世界経済の影響が懸念された結果、不景気に強い金に人々の関心が向かったためのようです。

その後、2008年まで金は減産傾向であったものの、2009年からは増産体制が整い、2009~2011年までの間、100トン以上毎年増産されてきました。
更にサブプライム危機が起きてから金投資に世界中が向かい、各国中央銀行もそれに追随するかのように買い付けを行いました。

このように金は、世界情勢や経済状況の価格変動する相場商品です。

金相場の歴史

金の買取りならお任せください

ザ・ゴールドでは刻印等を確認するほかにお品物をお預かりして、「比重計」にかけ「金」の含有量(目安)をきちんと確認し、査定金額をご提示いたします。
金に関するご相談は、お気軽にザ・ゴールドまでご連絡ください。

TOPへ