その他の骨董品

骨董品の買取はザ・ゴールドにお任せ
骨董品の買取は
ザ・ゴールドにお任せ
鑑定結果にご納得いただいたうえでお買取させていただきます。
まずはお気軽にご相談ください。

その他の骨董品の買取実績

掛け軸・古美術・絵画などの骨董品のお買取りはザ・ゴールドにお任せください

ザ・ゴールドでは掛け軸や陶磁器、茶道具などの幅広く骨董品・古美術品の買取をしております。

自宅に価値のわからないものがある、遺品を整理したいなどの場合は、 捨ててしまう前にぜひ一度ザ・ゴールドにご相談ください。 大量にお品物を処分される場合は費用の軽減にもつながります。
安心してお任せいただけるよう、20年以上の経験を持つベテラン鑑定士の目で誠実に鑑定し、適正な金額で買取いたします。

↓ 詳しい内容は下記をクリックしてご確認ください ↓

骨董品買取

中国美術

中国美術といってもその言葉の通り中国の美術品全般を表します。
書画・絵画・水墨画・文人画・山水画・印材・陶磁器・青磁・白磁など幅広く種類があります。
書画や絵画、物によって査定ポイントが違ってきますが、高額買取になる中国骨董品ポイントは・・・

・有名作家の作品である
・知名度があるものや、コレクター・マニアに人気なもの。素材も重要視
・保存状態が良好である

中国美術品は歴史が古いものが多く、そのために、保存方法には気をつけましょう。

中国美術

鉄瓶銀瓶

鉄瓶の産地として最も有名なのは、京都三条釜座や山形鋳物、長浜の晴寿堂、京都の龍文堂、そして南部鉄器があります。

南部鉄器とは岩手県で伝統的な鋳造法によって手作りされた銑鉄製品を指します。
南部鉄瓶が有名なのは、「釜焼き」の手法に由来しており、この釜焼きにより鉄の表面が酸化鉄を形成されます。
これは酸化皮膜(白みがかった青紫色)と言われ酸化皮膜によって鉄と水が触れないため、沸かした湯には金属の味がしない、さらに菌の繁殖を抑える作用もあるというのが人気の秘密です。

日本で骨董とされているのは江戸時代より前、1868年より前のものになるかと思います。
銀瓶で製造数が少なく市場に出回る事が少ないためあまり目にする機会がない白観堂の銀瓶ですが象嵌は持ち手などに施される事が多く 胴等への象嵌はあまり見られません、一般的に象嵌が施された鉄瓶は高額で取引されることが多いです。

鉄瓶銀瓶
TOPへ