買取実績

着物【西条店】

着物【西条店】 愛媛県西条市にあるザ・ゴールド 西条店の画像1

帯と着物買取のザ・ゴールド西条店のキャサリンです。



買取りの経緯

片付けをされており、着物は、もう着られないから手放すことにされたそうで、ご来店くださりました 


買取りのポイント

 思い入れのあるお着物だかこそ、一点一点きちんと査定させていただきました         


和服に付いて

和服'は、文字通り「和」の「服」、すなわち日本の衣服という意味です。この言葉は明治時代に、西洋の衣服すなわち「洋服」に対して「従来の日本の衣服」を表す語として生まれたレトロニムです。 服飾史学者の小池三枝によれば、着物は元来「着る物」という意味であり、単に「衣服」を意味する語でした。しかし幕末に洋服が移入して以降、「西洋服」・「洋服」と区別して、「従来の日本の衣服」を「日本服」・「和服」と呼ぶようになり、さらに「着物」の語にも置き換えられるようになりました。時代が進み、日常生活で頻繁に洋服が用いられるようになると、「着物」から「着る物」という本来の意味は薄れていき、「和服」の意味が濃くなっていきました。現代での「着物」という語は専ら「和服」を意味し、狭義には一定の形式の和服(着物と羽織という場合の着物、すなわち長着)を指す言葉に移りつつあります。 日本で和服という言葉が生まれる明治時代よりもずっと前の16世紀の時点で、日本人が衣服のことを指して呼んだ着物 (kimono) が、現在で言う和服を表す語としてヨーロッパ人に知られるようになり、現在ではヨーロッパに限らず世界の多くの言語で日本で和服と呼んでいる物を kimono と呼んでいます。kimono は、日本の和服だけではなく、東アジア圏全般で見られる前合わせ式の服全般を指すこともあります。明治大学政治経済学部教授で文学者のマーク・ピーターセンの解説によると"kimono"は「和服」ではなく「着物風の婦人用化粧着」というものを表わす英単語として使われ、さらに「着物姿の」という意味で"kimonoed"と単語の活用がなされる場合があります。 呉服という呼び名については、これは和服用の織物の呼称の一つで、特に絹織物を指す語です。もともとは絹織物を指す語として、綿織物・麻織物を指す太物(ふともの)と区別されていましたが、現在は和服用の織物の総称としても使われています 

 

 


最後に

使っていないお品物はございませんか? ザ・ゴールドではいつでも無料査定致します。 外商買取り好評実施中!

ザ・ゴールド 西条店

〒793-0027

愛媛県西条市朔日市783-2

TEL:0897-47-8101

〔営業時間〕10:00~18:00

店舗ページへいく

同じカテゴリーの最新買取情報

ザ・ゴールド 西条店

〒793-0027

愛媛県西条市朔日市783-2

TEL:0897-47-8101

〔営業時間〕
10:00~18:00

店舗ページへいく
TOPへ