買取実績

骨董の買取実績【西条店/愛媛県/東予市】

骨董の買取実績【西条店/愛媛県/東予市】 愛媛県西条市にあるザ・ゴールド 西条店の画像1

古伊万里

ブランド買取のザ・ゴールド西条店のキャサリンです。



買取の経緯
出張買取でご成約いただきました。


買取のポイント

もう使う機会がないとのことで、ご成約いただけました。


伊万里について

中国では紀元前から原初的な磁器が製造され、後漢時代(西暦25年 - 220年)には本格的な磁器が焼かれていましたが、日本では中世までのやきものは陶器であり、磁器は輸入品に頼っていました。日本で初めて国産磁器の製造が開始されたのは17世紀、有田(佐賀県有田町)においてです。
伊万里焼の文献上の初出は寛永15年(1638年)の『毛吹草』(松江重頼)です。同書に「唐津今利の焼物」とあり、唐津は土もの(陶器)、今利(伊万里)は石もの(磁器)を指すと考えられている。有田、波佐見などの肥前の磁器は、近世には主な積み出し港の名から「伊万里焼」と呼ばれました(近世には「今利」「今里」とも書かれることが多かった)。有田地区の製品を「有田焼」、伊万里地区の製品を「伊万里焼」と呼び分けるようになったのは、近代以降、船に変わって鉄道が輸送の主力となってからのことです。研究者はいわゆる「伊万里焼」を「肥前磁器」と呼ぶことも多いです。

伊万里焼と古伊万里の大きな違いは、作品そのものの持つ骨董的価値の有無です。江戸時代に有田(佐賀県有田町)で焼成された歴史的、骨董的価値のある作品を古伊万里と呼び、明治以降に現在の佐賀県伊万里市で焼成された陶磁器のことを伊万里焼と呼びます。明治初期に焼き物を産地名で呼ぶようになり、現在の伊万里焼と呼ばれる陶磁器が誕生することとなりました。古伊万里は中国の王朝である明から清への時代変革時に発生した、欧州での中国磁器の断絶に代わる最良の品として欧州へと輸出されることとなりました。古伊万里はヨーロッパの王侯貴族達に愛され、今でもオールドイマリ(Old Imari)として世界中に熱烈なコレクターが存在します。


最後に

使っていないお品物はございませんか?

ザ・ゴールドではいつでも無料査定致します。

出張買取も好評実施中です。

お気軽にお問合せください。

ザ・ゴールド 西条店

〒793-0027

愛媛県西条市朔日市783-2

TEL:0897-47-8101

〔営業時間〕10:00~18:00

店舗ページへいく

同じカテゴリーの最新買取情報

ザ・ゴールド 西条店

〒793-0027

愛媛県西条市朔日市783-2

TEL:0897-47-8101

〔営業時間〕
10:00~18:00

店舗ページへいく