買取実績

フィルムカメラの買取実績【西条店/愛媛県/東予】

フィルムカメラの買取実績【西条店/愛媛県/東予】 愛媛県西条市にあるザ・ゴールド 西条店の画像1

フィルムカメラ キャノン コニカ

カメラ買取のザ・ゴールド西条店のキャサリンです。



買取りの経緯

遺品整理をされることになり出張買取をご予約いただきました


買取りのポイント

出張買取にてご成約いただきました


フィルムカメラについて

もともとの語源であるラテン語のcameraは「小さな部屋」を意味し、これはのちに政治や財政を司る「部屋」(官房・国庫)などと意味が拡大しました。カメラの由来である「カメラ・オブスクラ」の「オブスクラ」(やはりラテン語で、obscura)は「暗い」という意味で、全体で「暗箱」ないし「暗室」といったような意味です。そこから単にcameraでそのような意味となり、転じて、現在の日本語でいうカメラを意味するようになりました。

カメラの原理は、写真術の発明以前から知られていました。窓のない暗黒の部屋の壁面に小さな穴を空けると、反対側の壁面に外の景色が映し出されるというものです。これを専用の部屋や道具として拵えたものが、カメラ・オブスクラで、日食などの観察を行ったり、絵画の下絵を描く目的に使われました。16世紀には、小穴の代わりにレンズを用いて、より鮮明な像が得られるようになり、反射鏡によって箱の上面に像を結ばせるようにした小型のカメラ・オブスクラが作られました。これは絵画における遠近画法の確立に寄与したと言われています。
1824年、ニセフォール・ニエプスが世界初の写真である「ヘリオグラフィ」を発明し、携帯型カメラ・オブスキュラの画像が定着できるようになりました。1839年8月19日にはルイ・ジャック・マンデ・ダゲールが初の実用的写真術「ダゲレオタイプ」を発表し、その後のカメラは、写真とともに発展していきました。
19世紀末までに、記録媒体として写真フィルムが普及し、コンパクトで手軽に写真が撮影できるカメラが大衆化しました。1950年代まではイギリスやドイツ、アメリカ合衆国が世界市場を牽引していましたが、1970年代以降は、日本製のカメラが世界市場を席巻しました。1963年(昭和38年)には、露出を自動化したAEカメラが現れました。さらに1977年(昭和52年)には、オートフォーカス機構が実用化され、構図を決めてシャッターを押すだけで写真が撮れるのが当たり前の時代になりました。 



最後に

使っていないお品物はございませんか? ザ・ゴールドではいつでも無料査定致します。

フィルムカメラの買取実績【西条店/愛媛県/東予】 愛媛県西条市にあるザ・ゴールド 西条店の画像2

ザ・ゴールド 西条店

〒793-0027

愛媛県西条市朔日市783-2

TEL:0897-47-8101

〔営業時間〕10:00~18:00

店舗ページへいく

同じカテゴリーの最新買取情報

ザ・ゴールド 西条店

〒793-0027

愛媛県西条市朔日市783-2

TEL:0897-47-8101

〔営業時間〕
10:00~18:00

店舗ページへいく