買取実績

毛皮のマフラーの買取実績【西条店/愛媛県/東予】

毛皮のマフラーの買取実績【西条店/愛媛県/東予】 愛媛県西条市にあるザ・ゴールド 西条店の画像1

毛皮 マフラー

帯・着物買取のザ・ゴールド西条店キャサリンです。



買取の経緯

お引越しをされるにあたり出張買取をご予約いただきました。


買取のポイント

毛皮のマフラーの買取をしていると知らなかったそうで高価買取にてご成約していただけました。


毛皮について

現代の毛皮の85%以上は野生由来ではなく、毛皮用の動物養殖農場から生産されています。毛皮使用への反対運動が展開され多数のファッションブランドが参加しています。

古来、防寒具やファッションなどに利用されてきました。一般に人間が衣類などに利用する上では、断熱性を求める場合には加工し易い体毛を持つ哺乳類が用いられます。なお哺乳類でも水辺などに生息する動物や、細かく柔らかい毛並みを持つ動物のほうが好まれる傾向もあり、過去にはそれら毛皮目あての乱獲などにより絶滅に瀕した動物もいます。

動物の毛皮を用いないフェイクファーなどの呼び方との対比で、本物の動物の毛皮のものをリアルファーとも言います。現代では、基本的には毛皮は皮の部分をなめして使います。 哺乳類は体表に体毛が生えています。密生した体毛はその中に空気の層を保ち断熱性に優れており、これによって哺乳類は熱が逃げ体温が下がることを防いでいます。野生動物は雨などにさらされますが、たとえ毛皮の外面・表面が濡れるような状況になっても毛の根元は油分により水をはじくことで水の気化により熱を奪われることを防ぎます。冬季にはさらに細かな毛を増やして断熱性を高める動物もいます。毛を残したままの皮革は、皮革に上記のような防寒の効果・効用が加わったものになり、防寒具となります。
鳥類の羽毛も空気を含み優れた保温・断熱の役割を果たしていますが、ただ羽毛は毛皮のようには剥がしてシート状のまま扱うことは難しいです。

毛皮獣として、キツネ、テン、イタチ、チンチラなど寒冷地に生息する種や、ラッコ、カワウソ、ビーバー、アザラシなど半水生ないし水生の種が主に用いられます。これらはいずれも断熱性に優れた毛皮を持ちます。



最後に

使っていないお品物はございませんか。

ザ・ゴールドではいつでも無料査定致します。お気軽にご来店くださいませ。

無料出張買取も好評実施中です。1点からでもお気軽にご予約ください。


ザ・ゴールド 西条店

〒793-0027

愛媛県西条市朔日市783-2

TEL:0897-47-8101

〔営業時間〕10:00~18:00

店舗ページへいく

同じカテゴリーの最新買取情報

関連する買取アイテムページ

ザ・ゴールド 西条店

〒793-0027

愛媛県西条市朔日市783-2

TEL:0897-47-8101

〔営業時間〕
10:00~18:00

店舗ページへいく

自己判断したり、
処分する前に無料査定!

専門の資格を持った査定士が
様々な商品を買取いたします。

  • 遺品査定士
  • 生前整理アドバイザー
  • 終活カウンセラー
  • 買取アドバイザー
  • リユース営業士
  • 宝石鑑定士

ご自身で価値がわからないものも
査定可能です!

ご自宅やご実家のお片付け、お引越し、取壊しなどの際に見つけたお品物、ご両親やご親族から譲り受けたお品物なども、お気軽にザ・ゴールドまでご相談ください。
専門のスタッフが1点1点、丁寧に確認して査定させていただきます。

捨ててしまったり、処分する前に無料査定!