買取実績

江戸小紋【高岡店】

江戸小紋【高岡店】 富山県高岡市にあるザ・ゴールド 高岡店の画像1

正絹

帯と着物のザ・ゴールド高岡店のこなつです。
 
買取りの経緯

ザ・ゴールドを初めてご利用になったお客さまで
出張買取をご希望だったので、担当者がお伺いをし
お買取させて頂きました

買取りのポイント

着物や帯など、たくさん有り、着物がお好きだった事が
想像できました。片ずけたいというご希望でしたので
スムーズにお買取させて頂きましたが、1点、1点
丁寧に見させて頂きました(v^ー°)

 
江戸小紋の歴史について


生地に染織を施す方法は様々にありますが、 
型紙を使い柄を染める染織の一つとして、
江戸時代にその精緻さと文様の多様性が
発達した江戸小紋があります。


本来小紋とは、柄の細かい模様や、小さな柄を染めた着物のことをさし、
そのなかでも江戸小紋は、特に細密な型紙を使った染め物です。

型紙を使った染めは、江戸時代以前からありましたが、
武士の江戸城内の公式の礼装着となった、本来は無地
であった裃(かみしも)に、黒や、茶、藍といった渋めの
色で細かな小紋柄が使われるようになってから
江戸時代の後期において、型紙や型彫りの為の刃物の
技術革新などに伴いその精緻さが増してきたといわれています。


武家の装束の中で次第と江戸小紋が形式化して行く一方で、
上流階級である武士の衣装である小紋の文様に憧れを持つ
裕福な町人を中心とする庶民の中にも、
衣類に小紋の柄が取り入れられてゆき
形式的な武士の小紋に対し、自由に洒落た柄を
江戸の旦那衆が着始めました。
当初、小紋は町人の世界では、
黒や色の無地に次ぐ男性の略服として用いられていましたが
次第に女性の衣類としても浸透し、江戸時代の後半には
幾何文様、草花、動物、昆虫、風物、道具など
そのバリエーションと多様性は増してゆきました。 


最後に

ザ・ゴールドでは使わなくなった着物や帯などもお買取して
います。
出張買取もしておりますので、ぜひお気軽にご来店、お電話
下さいませ

-・-・-・-・-
 帯と着物のザ・ゴールド高岡店
 〒933-0902-富山県高岡市向野町5丁目33-1
 TEL/FAX:0766-28-5556

〔営業時間〕10:00~18:00/年中無休(年末年始除く)
高岡店トップページ

ザ・ゴールド 高岡店

〒933-0902

富山県高岡市向野町5丁目33-1

TEL:0766-28-5556

〔営業時間〕10:00~18:00

店舗ページへいく

ザ・ゴールド 高岡店のその他の買取実績はこちら

もっと見る
高岡店の買取実績をもっと見る

同じカテゴリーの最新買取情報

もっと見る
ザ・ゴールド 高岡店

〒933-0902

富山県高岡市向野町5丁目33-1

TEL:0766-28-5556

〔営業時間〕
10:00~18:00

店舗ページへいく

店舗一覧

explore東京エリア

自己判断したり、
処分する前に無料査定!

専門の資格を持った査定士が
様々な商品を買取いたします。

  • 宝石査定士
  • 買取アドバイザー
  • リユース営業士

ご自身で価値がわからないものも
査定可能です!

ご自宅やご実家のお片付け、お引越し、取壊しなどの際に見つけたお品物、ご両親やご親族から譲り受けたお品物なども、お気軽にザ・ゴールドまでご相談ください。
専門のスタッフが1点1点、丁寧に確認して査定させていただきます。

捨ててしまったり、処分する前に無料査定!