買取実績

袋帯の買取実績【上木戸店/新潟県/東区】

袋帯の買取実績【上木戸店/新潟県/東区】 新潟県新潟市にあるザ・ゴールド 上木戸店の画像1

帯 袋帯

帯と着物買取のザ・ゴールド上木戸店のにこです☆


買取りの経緯

お引越しがあり、不用品の仕分けをしていた時に帯・着物はどうしようと考えていたそうです。

ご家族やご自身も着る機会が減り、捨てるに捨てられない為、インターネットに調べてくださりご来店してくださいました。


買取りポイント

帯・着物の査定では大まかに3つに分けられます。

・お値段をお付けできるもの

・ボランティア団体さんへ寄付ができるもの

・お値段をお付けできないもの

今回は目立つ染みなどがありませんでしたのでお買取りさせて頂きました。

その他、染み・カビ、身丈の長さ、落款付きかなどを細かく拝見し査定いたします。

帯・着物は運ぶのが大変な場合がありますので、そんな時は便利な出張買取がおすすめです!


着物の歴史について

着物の起源は、「小袖」といわれるものがはじまりとされています。

小袖とは袖口が小さい着物のことで、庶民を中心に発展した着物です。

この小袖の起源をたどると、何と弥生時代までさかのぼるといわれています。

弥生時代、男性は1枚の布を体に巻き付けた巻布衣(かんぷい)を、女性は穴に頭を通した貫頭衣(かんとうい)を着ており、その後、男性はズボンのようなもの、女性はスカートとツーピース型の衣服を着るようになった古墳時代を経て、飛鳥・奈良時代に続きます。

飛鳥・奈良時代には明確な身分制度ができ、手足が隠れて動きにくい服装をしている支配階級に対して、労働階級の庶民が着るものとして小袖が使用されていました。

この時、「右前の衿あわせ」が法律によって定められ、現代でもなおその文化は引き継がれています。


最後に

眠ったままの帯・着物はありませんか?

何年も着てない、ずっとしまったまま、片付けってどうしたらいいのかな?などございましたらお気軽にご相談ください☆

古い物だからと遠慮してしまうお客さまが多いのですが、査定は全て無料です!

皆さまのご来店を心よりお待ちしております。


ザ・ゴールド 上木戸店

〒950-0891

新潟県新潟市東区上木戸2丁目2-7

TEL:025-385-6800

〔営業時間〕10:00~18:00

店舗ページへいく

同じカテゴリーの最新買取情報

関連する買取アイテムページ

ザ・ゴールド 上木戸店

〒950-0891

新潟県新潟市東区上木戸2丁目2-7

TEL:025-385-6800

〔営業時間〕
10:00~18:00

店舗ページへいく

自己判断したり、
処分する前に無料査定!

専門の資格を持った査定士が
様々な商品を買取いたします。

  • 遺品査定士
  • 生前整理アドバイザー
  • 終活カウンセラー
  • 買取アドバイザー
  • リユース営業士
  • 宝石鑑定士

ご自身で価値がわからないものも
査定可能です!

ご自宅やご実家のお片付け、お引越し、取壊しなどの際に見つけたお品物、ご両親やご親族から譲り受けたお品物なども、お気軽にザ・ゴールドまでご相談ください。
専門のスタッフが1点1点、丁寧に確認して査定させていただきます。

捨ててしまったり、処分する前に無料査定!