買取実績

振袖【発寒店】

振袖【発寒店】 北海道札幌市にあるザ・ゴールド 発寒店の画像1

長着の袖で丈の長いもの。または、その袖のついた長着のことをいい、未婚女性の盛装として用いられる。
 

帯と着物のザ・ゴールド発寒店のYU~MINです。
 
買取りの経緯

ご家庭でもう着なくなりずっと閉まったままになっている
帯や着物があるとのことで出張買取をさせていただきました。

 

買取りのポイント
もう着ることもないし、閉まったままにしておいても・・・
と処分にお困りだったそうです。

 

振袖について
長着の袖で丈の長いもの。または、その袖のついた長着のことをいい、未婚女性の盛装として用いられる。
袖付けを短くして、その下の振り八つ口をあける。その部分が振れ動くのでつけられた名称である。
江戸時代には脇(わき)あけともいった。
 振袖着用は、古くは鎌倉時代の絵巻物『春日権現霊験記(かすがごんげんれいげんき)』
にみられるが、江戸時代になってその名が一般化した。
男女児と若い女性が着たもので、とくに子供は体熱を発散させるために振りをあけた。
女性は18歳になると、振りを縫いふさいで留袖にしていた。
しかし文化年間(1804~18)になると、帯幅が1尺5分(鯨尺なので約40センチメートル)と広くなり、
ふさいでいると帯を締めるのに差し支えるので、18歳を過ぎても振りのある袖が用いられるようになった。
そのため、脇あけの振袖、脇ふさぎの留袖という本来の意味を失って、
袖丈の長いものを振袖、短いものを留袖というようになり、
さらに留袖は既婚者の礼装をさしていうようになった。

 

最後に
店頭でもお買取ができますがお品数が多い時や
お持ち頂くのが大変な時は是非
出張買取をご利用下さい。
店頭スタッフにご気軽にお問い合わせください。

-・-・-・-・-・-

貴金属・ダイヤモンド・時計・ブランド品買取り専門店ザ・ゴールド発寒店
〒063-0828札幌市西区発寒8条11丁目3-29
 TEL/FAX:011-688-5300
〔営業時間〕10:00~18:00/年中無休(年末年始除く)
発寒店トップページ

ザ・ゴールド 発寒店

〒063-0828

北海道札幌市西区発寒8条11丁目3-29

TEL:011-668-5300

〔営業時間〕10:00~18:00

店舗ページへいく

ザ・ゴールド 発寒店のその他の買取実績はこちら

もっと見る
発寒店の買取実績をもっと見る

同じカテゴリーの最新買取情報

もっと見る
ザ・ゴールド 発寒店

〒063-0828

北海道札幌市西区発寒8条11丁目3-29

TEL:011-668-5300

〔営業時間〕
10:00~18:00

店舗ページへいく

店舗一覧

explore東京エリア

自己判断したり、
処分する前に無料査定!

専門の資格を持った査定士が
様々な商品を買取いたします。

  • 宝石査定士
  • 買取アドバイザー
  • リユース営業士

ご自身で価値がわからないものも
査定可能です!

ご自宅やご実家のお片付け、お引越し、取壊しなどの際に見つけたお品物、ご両親やご親族から譲り受けたお品物なども、お気軽にザ・ゴールドまでご相談ください。
専門のスタッフが1点1点、丁寧に確認して査定させていただきます。

捨ててしまったり、処分する前に無料査定!