ボッテガ・ヴェネタ

bottegaveneta

ボッテガ・ヴェネタの買取実績

ボッテガ・ヴェネタ(Bottega Veneta) の買取りはザ・ゴールドへ

ボッテガ・ヴェネタは人気の商品が多数存在しています。市場では品薄のものも多く、入荷してもどんどん売れていきます。
そのため当店では高価買取を積極的に行っています。高額なものから小物まで、幅広いラインナップで人気のボッテガ・ヴェネタの買取はザ・ゴールドにお任せください。
親切、丁寧、わかりやすい査定をお約束いたします。

ボッテガ・ヴェネタ(Bottega Veneta) の買取りはザ・ゴールドへ

ボッテガ・ヴェネタの魅力

ボッテガは工房のことで、イタリアはヴェネト地方で1966年にモルテド夫妻が創立した工房がボッテガ・ヴェネタです。
ブランド哲学が「控え目でさりげなく、気品があること。」というボッテガヴェネタ。そのブランドを語る上で欠かせないのがあの網目模様です。「イントレチャート」という名前で短冊切りのレザーを編みこんでいく技法です。
この編み込み、実はすべて職人の手作業で作られているということです。そんな特徴をもつボッテガヴェネタの財布といえば、ブラックやブラウンの印象が強いのではないでしょうか。実際にどんなファッションにも合わせやすいこともあり人気があります。レッドやブルー、メタリックまで多彩なカラーバリエーションを取り揃えており、他の人とは一味違う物を持ちたいというこだわり派の要望にもしっかり応えています。

その哲学に「自分のイニシャルだけで十分(“When your own initials are enough”)」という有名なモットーがあります。これは個性と自信を尊重するという想いが表現された哲学です。例えば一目見ただけでもボッテガヴェネタと分かることができる「イントレチャート」や、使う人一人ひとりの事を考えて選びやすく整ったバリエーションは、その哲学の表れと言えます。
最近は「イントレチャート」・「レザー(網目でないもの)」・「プレシャスレザー(クロコなどの貴重種)」の3種類、型タイプは「コンチネンタルウォレット」・「ジップアラウンドウォレット」・「二つ折り財布」・「コインケース」の4種類という中で様々なアレンジ、仕様の違いを製作し使う人のニーズに合った財布づくりをおこなっています。
メンズラインが有名ですが、ウィメンズラインも同じくらい種類が豊富で、控えめな上品さを好む女性から支持を集めています。そのデザインはパイピングや刺繍などポップカラーにキュートさを兼ね備えた女心をくすぐるデザインとなっています。

丁寧に作られた革はシルクのようだと評する人もいるほどの手触りです。
中には使っていく程に馴染む革のヴィンテージ感を求めてあえて中古品を購入される人も多くいます。また、新しいものでは自分で使い込んでいく楽しさも味わえます。
2001年にグッチグループの傘下に入り、クリエイティブ・ディレクターにトーマス・マイヤーが就任すると、元来の品質の良さもあり、世界有数のラグジュアリーブランドとしての地位を確立していきました。

ここ数年の人気に目が行きがちですが、以前から愛用者は多く、親御さんが買われた財布がお宅の押し入れに眠っているかもしれせんね。
使わなくなったボッテガ・ヴェネタは当店へお持ち下さい。

ボッテガ・ヴェネタを高く売るコツ

ボッテガヴェネタで使用している革は、メンズラインにはラム革、ウィメンズラインにはカーフ(仔牛)が主となっています。ラムは洋服や手袋に使われているように柔らかさと軽やかさ、カーフはより耐久性に優れています。
買取時は革の状態が重視されます。傷が少ない状態をキープすることで高価買取に繋がります。
オーダーメイド品ももちろん買取可能となっております。
ボッテガヴェネタの買取はザ・ゴールドにお任せください。

ボッテガ・ヴェネタを高く売るコツ
TOPへ