買取実績

泥大島【発寒店/北海道/札幌市西区】

泥大島【発寒店/北海道/札幌市西区】 北海道札幌市にあるザ・ゴールド 発寒店の画像1

帯と着物のザ・ゴールド発寒店のキャシです。


買取りの経緯


遺品整理の為、ご来店してくれました。



買取りのポイント



大切に保管されていた事がわかりました。
証紙も一緒に保管されていたので、金額アップすることができ、又
提示金額にお客さまも大変喜んでくれました。



泥大島について


「大島紬」の一般的なイメージといえば、「生糸」で織られているものが主流ですので、

紬といってもほっこりした感じではなく、お召しのようななめらかな光沢感があり、

結城紬などと比べると薄手ですが、丈夫で着やすい織物として知られています。
泥染めとは 世界中で奄美大島だけでおこなわれている天然の染色方法です。
絹糸の蚕白質の上にシャリンバイ(バラ科の植物)に含まれているタンニン酸色素と

泥田の中の鉄分等が化学結合を繰り返し染色することにより堅牢(色落ちしない)で

深く光沢のある渋い黒色に染まることです。
大島紬といえば泥染め、泥で染められた糸で織られることで生地がしなやかになり

トロッとした独特の触感を持ちます。
泥染された生地は色あせしにくく、シワに対する回復性もあり機能的にも優れたものです。
泥染の黒に近い茶褐色は奄美の泥田に含まれる鉄分と、車輪梅から抽出されたタンニンが

反応し発色したものです。
泥染の証紙は反物に張り付けてあるので一目で判別できるようになっています。
泥染の大島紬は糊抜きをしていない状態でも風合いの違いをはっきりと確かめることができますので、

実際に生地に触れてみることです。
肌によりそってくれる絹糸のトロッとした優しい風合い、これは泥染にしかできない唯一無二の触感です。
テーチ木(シャリンバイ)泥染法で染色した糸によって織られた絹織物。
テーチ木に含まれるタンニン酸と泥の鉄分が反応して泥大島特有の「烏の濡れ羽色」と言われる

艶のある黒色が特徴の高級な紬です。





最後に



タンスにしまったままで、処分に困っている帯や着物はありませんか?
一点一点拝見し、お値段をお出しします。
店舗まで持ち込むことが大変な場合は、便利な外商買取をご利用下さい。
専門スタッフが無料でご自宅まで伺います。
処分する前に是非お電話お待ちしています。
お気軽にご相談下さいませ。
ザ・ゴールドでLINEショップカード、はじめました!
LINEショップカードとは?
LINEアプリで簡単にポイントが貯まり
貯まったポイントと豪華賞品を交換できるサービスです。
ザ・ゴールドのLINEショップカードは
 ■ ポイントが貯まりやすい!クチコミするだけでも貯まる!
 ■ ザ・ゴールドだから、もらえる賞品が豪華!
 ■ LINEアプリ連動でカード忘れや紛失の心配なし!
みなさまのご来店、心よりお待ちしています。


泥大島【発寒店/北海道/札幌市西区】 北海道札幌市にあるザ・ゴールド 発寒店の画像2

ザ・ゴールド 発寒店

〒063-0828

北海道札幌市西区発寒8条11丁目3-29

TEL:011-668-5300

〔営業時間〕10:00~18:00

店舗ページへいく

同じカテゴリーの最新買取情報

ザ・ゴールド 発寒店

〒063-0828

北海道札幌市西区発寒8条11丁目3-29

TEL:011-668-5300

〔営業時間〕
10:00~18:00

店舗ページへいく