ブログ

象牙【盛岡北店】

象牙【盛岡北店】 岩手県盛岡市にあるザ・ゴールド 盛岡北店の画像1

帯と着物買取のザ・ゴールド盛岡北店のリコです。
象牙といえば何を思い浮かべますか?

印鑑、昔の根付、ネックレスなどのアクセサリー

演奏をする方なら、楽器の三味線の糸巻きやバチという物もありますね。


お店で特にお問い合わせが多い象牙製品といえば印鑑です。

印鑑は朱肉が馴染みやすく印影が美しいと言われます。

一生使う物として良い材料を使ったものを求める人が多いようです。


印鑑の次にお問い合わせが多い製品はアクセサリーです。

象牙のアクセサリーは、ビーズにして繋いだネックレスや

ドーム状に加工したイヤリングが多いです。


印鑑やアクセサリーは、朱肉や、人の皮膚から出る油や汗により

変色が出ている場合がありお買取することは出来ないことが多いです。


小さな製品ですと細工の見事な根付や置物は、年月により色味が増し、味わい深くなり、

100年以上経つと骨董品になっていきます。

細工が細かい置物などの象牙製品は中々実際にみることはありません。


また、象牙の原木もあります。「牙」の状態そのままの象牙です。

置物として磨いていたり、

装飾として人物や動物を掘り込んだ物もあります。

原木を売却する際には登録証が必要になります。

なぜ原木に、登録証が必要なのかというと

乱獲の歴史がある象牙は、1989年からワシントン条約によって国際取引を禁止されています。

今現在流通している象牙は捕獲禁止前の象牙と言われています。

そのため合法的に入手した象牙であるか確認しなければならないからです。


動物愛護の精神が高まる中、毛皮や象牙を持つことに抵抗を感じる方も増えているようです。


そんな中、長い間開けていなかった押入れや蔵から発見した

象牙製品をどうしようかとご相談を受けることがあります。

また、床の間にずっと置いてある牙は、象牙なのか知りたいと

言われたこともありました。


ぜひ、ザ・ゴールドにご相談下さい。

象牙も毛皮も、自然界に生きる動物たちの尊い命の恵ですので

感謝をして、最後の最後まで活用させていただく、そのお手伝いができればと

思います。

しまったままで活用とは言いがたい、もったいないと思います。

お使いにならない象牙製品は、どうぞ、ザ・ゴールドにご相談下さい。









ザ・ゴールド 盛岡北店

〒020-0125

岩手県盛岡市上堂1丁目2-40

TEL:019-648-0090

〔営業時間〕10:00~18:00

店舗ページへいく

ザ・ゴールド 盛岡北店の新着ブログ

もっと見る
ザ・ゴールド 盛岡北店

〒020-0125

岩手県盛岡市上堂1丁目2-40

TEL:019-648-0090

〔営業時間〕
10:00~18:00

店舗ページへいく
TOPへ