ブログ

ロレックス豆知識 王冠透かしについて 【札幌狸小路3丁目店/北海道/札幌市中央区】

ロレックス豆知識 王冠透かしについて 【札幌狸小路3丁目店/北海道/札幌市中央区】 北海道札幌市にあるザ・ゴールド 札幌狸小路3丁目店の画像1

こんにちは!貴金属・時計・ブランド買取のザ・ゴールド札幌狸小路3丁目店のぶたたまです。
本日は、ロレックスの王冠透かしについてお話しします。



ロレックスのガラス6時位置に王冠の透かしマークが入っていることをご存知でしょうか?

これは”模造品対策”と言われています。これだけ小さく加工が難しいものですから、コピー品や

模造品対策なのは間違いなさそうですが、実際にロレックスがそう公言した訳ではありません。

ロレックスの透かしは小さく繊細で、腕に付けた状態ではほぼ視認出来ず、透かしはルーペなど

でやっと確認出来るほどです。模造品の場合はこの加工が難しいのか、大きさが大きかったり、

加工が深く粗い為か、遠目にも視認出来てしまいう場合が多いです。しかしながら全ての風防に

透かしが入っている訳ではなく、入っていないからと言って、模造品という訳でもありません。



この王冠透かしの特徴を何点かご紹介いたします!


①肉眼ではほとんど見えない

ロレックスの風防には6時位置にレーザーで王冠マークが彫られています。

しかしながら、それは肉眼ではほとんど見ることが出来ません。高倍率のルーペを使用して、

光の当て方や見る時の角度を工夫してやっと見えるくらい小さくてうっすらとしたものです。

あまりはっきりと見えてしまうと、時計本来の役割である時間を知るための視認性を遮って

しまい、何より模造品対策ですので、模造品が作られにくいような濃さで彫ることが求めら

れているのかもしれません。「SWISS MADE」の文字付近にピントを合わせ文字盤を明るく

照らして斜めから見ると映り込む場合が多いです。



②透かしが入るようになったのは2000年頃から

ロレックスで透かし技術が初めて採用されたのは1999年、ヨットマスター・ロレジウムのみでした。

それが2000年に新型デイトナに採用され、2001年にエクスプローラーI、サブマリーナノンデイト、

エアキングといったCal.3130が搭載されているモデルと、徐々に採用されるモデルが増えていき、

ついに2003年に一部を除くほぼ全てのモデルも採用されました。そのため製造年代が古い時計には

入っておりません。旧型のガラスに透かしは入っていませんが、修理でガラス交換した際に、透かし

入りのガラスが装着される場合もあります。アンティークなどプラ風防等はジェネリックパーツが

使われる事もあり、真贋の判断基準にならない場合も多くあります。



③王冠透かしの無いモデルがある


ロレックス豆知識 王冠透かしについて 【札幌狸小路3丁目店/北海道/札幌市中央区】 北海道札幌市にあるザ・ゴールド 札幌狸小路3丁目店の画像2

王冠透かしがないモデル、それは、ミルガウスのグリーンサファイアガラス(Ref.116400GV)です。

その理由は、諸説ありますが、非常に硬いグリーンサファイアクリスタル風防に、透かしを入れると

割れてしまうというのが定説のようです。緑ががかったグリーンサファイアガラスの加工は非常に難しく、

透かしの技術が採用されなかった可能性があります。



④特に見づらいモデルが存在する


ロレックス豆知識 王冠透かしについて 【札幌狸小路3丁目店/北海道/札幌市中央区】 北海道札幌市にあるザ・ゴールド 札幌狸小路3丁目店の画像3

元々、非常に小さくて見づらい王冠透かしですが、モデルによっては更に見づらいモデルもあります。

特に、ディープシーのD-BLUE(Ref.116660)などはルーペを使用しても見づらいです。

私も実際の接客で、外国人のお客さまに、ディープシーD-BLUEを紹介していた時、お客さまから、

王冠透かしを見たいと言われました。まず、自分で確認するのにも大変で、更にお客さまにご覧頂く

ようにご説明するのに、非常に時間がかかり、苦労したのを覚えています。特に、中国人のお客さまは

真贋ポイントを気にされる方が多いので、ルーペの技術指導をスムーズに出来るようにしたいものです。

更に、ヨットマスターⅡなどの、白文字盤のモデルはさらに見えにくく、正面から見るとほぼ見えません。

見るコツとしては、12時側から斜めに見るようにすること。6時側のシリアルNOがある箇所が背景になり

上手く見える場合があります。


最後に
今回の『王冠透かし』の技術もそうですが、ロレックスの時計には、精巧な技術が沢山詰め込まれてます。

例えば、文字盤やベゼルにも、なかなかお目にかかれない、恐ろしく精工に加工・配置されたインデックス

や針などが並んでいます。この「恐ろしいまでの精工さ」にも目を向けていただければ、より一層時計の

楽しみ方が分かってくるのではと思います。






ザ・ゴールド 札幌狸小路3丁目店

〒060-0063

北海道札幌市中央区南3条西3丁目16

TEL:011-200-7766

〔営業時間〕10:00~18:30

店舗ページへいく

ザ・ゴールド 札幌狸小路3丁目店の新着ブログ

もっと見る
ザ・ゴールド 札幌狸小路3丁目店

〒060-0063

北海道札幌市中央区南3条西3丁目16

TEL:011-200-7766

〔営業時間〕
10:00~18:30

店舗ページへいく

ザ・ゴールドのお取扱い品目一覧