ブログ

時計のオーバーホールについて【函館市/北海道/函館店】

時計のオーバーホールについて【函館市/北海道/函館店】 北海道函館市にあるザ・ゴールド 函館店の画像1

時計・ブランド買取りのザ・ゴールド函館店のからあげです。

本日は時計のオーバーホールについてのお話です。

オーバーホールという言葉を聞いたことがあっても、一体どんなことをするのだろう?と思われる方が多いのではないかと思います。

簡単に言うと、時計の分解掃除の事です。自動車の車検に例えられる事もあります。
時計も車と同じように定期的な点検が必要なのです。
時計のオーバーホールとは、時計内部のムーブメントを分解・洗浄し、新しい機械油を注しながら組み上げる作業のことです。人に例えて言えば「人間ドック」のようなものです。分解掃除をすることで、故障の原因となる目に見えない部分の汗や汚れを取り除き、磨耗した部品や、防水性を保つために不可欠なパッキン類を交換し、健康で快適な状態に調整することができます。


定期的なオーバーホールは、時計の劣化を防ぎ、寿命を遥に長くする事が出来ます。
すべてのパーツを解体、洗浄し新しい油を注油します。また、同時に時刻精度のチェックや防水テストなども行ってくれる業者さんがほとんどです。
機械式時計、クォーツ式時計ともに3、4年に一度、オーバーホールすることが好ましいと言われています。

機械式時計は、特に新品のときは摩擦による潤滑油の汚れや細かな金属紛が出やすい時期であるため、最初の3年目の分解掃除はその後永く使う上でとても大切だと言われています。

故障や修理などでお持込される原因の1つはオーバーホールの不実施と
ケアの怠り、間違った使用や操作などがあげられているそうです。

ケースの中が曇ったりしていませんか?
完全防水の時計であってもリューズの閉め忘れや閉め方が甘かったりなどが原因で水分・水気が入り、そこからカビなどがでてしまい故障の原因になるそうです。時計内部の部品はもちろんのこと、針のサビや文字盤の劣化にも繋がってしまいます。

リューズを巻いたときに重く感じませんか?
機械式時計はぜんまいが解ける強い力を伝えながら運針するのでムーブメントに注している潤滑油の劣化は、部品の摩擦や抵抗が大きくなり精度異常や動作不良、磨耗や破損などの重大なトラブルに発展する危険性があるそうです。

カレンダーは正常に作動していますか?
実は、日付の調整を行ってはいけないNG時間帯があるんです。
だいたい午後8時から午前4時の間といわれています。
上記の時間帯で操作してしまうとカレンダーを動かす部品が損傷してしまう可能性が高いそうです。


時計が遅れ気味、または進みがちではありませんか?
潤滑油の劣化が進み、部品の摩耗や抵抗が大きくなってきてしまっているのかも知れません。

このような状態になる前には、オーバーホールを実施しておきたいですね。



クオーツ時計も、同様に潤滑油の劣化や部品の磨耗が起こり、そのまま長期間放置すると通常より早く止まるようになってしまいます。「電池交換をしても動かない」、「電池寿命が急に短くなった」 このような時は分解掃除が必要です。

上記以外にも沢山の精度異常があるようです。

そういった原因をなくしていくためにもオーバーホールや
携帯電話などの磁気を発するものに近づけすぎないなど、普段のお取扱にも気をつけていかなくてはなりませんね☆

オーバーホールしていない時計でもご相談ください。
ザ・ゴールドはしばらく使っていない、止まってしまって動くのかわからない時計や、壊れてしまった時計でも査定させていただきます!!



ご自宅でご使用されていない、押入れに眠ったままになっているお品物はありませんか?

査定のみでも構いませんので、是非ご相談下さい。
ザ・ゴールドでは出張買取もしております。お気軽にお問い合わせ下さい。

ザ・ゴールド 函館店

〒041-0832

北海道函館市神山2丁目8-22

TEL:0138-33-5000

〔営業時間〕10:00~18:00

店舗ページへいく

ザ・ゴールド 函館店の新着ブログ

もっと見る
ザ・ゴールド 函館店

〒041-0832

北海道函館市神山2丁目8-22

TEL:0138-33-5000

〔営業時間〕
10:00~18:00

店舗ページへいく