ブログ

軍事機密だったパネライ 【亀田店】

軍事機密だったパネライ 【亀田店】 新潟県新潟市にあるザ・ゴールド 亀田店の画像1

貴金属・ダイヤモンド・時計・ブランド品買取り専門店ザ・ゴールド亀田店のREN子です。



今回は時計ブランド【パネライ】の歴史についてお話しようと思います。


1860年に創設されたパネライは精密機器専門メーカーだったそうで、
軍用にクロノグラフ懐中時計を納入していたそうです。


1913年、第一次世界大戦を目前に控えた当時、
画期的な発明【ラジオミール】を発明しました。
この【ラジオミール】が後にモデル名になったと言われています。


ラジオミールとは、
硫化亜鉛と臭化ラジウム、メソトリウムを合成した
高い蛍光性を実現させた塗料。
この開発により、潜水艦内や暗闇での迅速な作戦遂行を責務とする
イタリア海軍に重用されたといわれていて、
照準器・コンパス・水深計・機械式計算機・魚雷発射装置
水中コンパス・水中シグナルなどなど、
さまざまな軍事製品をイタリア海軍に供給していました。


軍事製品を供給していたパネライですが、
フィレンツェでは時計店を経営していて、
修理工房もあり、当時の時計作りに大きな影響を与えていたそうです。


もともと高度な精密機器の製造を専門としていたパネライは、
時計や光学機器の分野で数々の特許を受けていて、
小さな時計店が内容の充実した事業を展開していきます。


この時計店では、製品の販売の他に
修理用部品や付属品、
精密機械を扱うための工具類を保管する倉庫がありました。
また、修理部門もあったそうで
当時、この街に時計を専門的に教える学校がまだなく、
実質的にフィレンツェで初の時計学校を兼ねていたといわれています。


その頃、スイスから部品の状態で送られてくる時計は、
ここでしか組み立てることが出来なくて、
組み立て用に大きな工房を建設し、
パネライ工房で製造された時計はストカーナ地方全域に広がる
数多くの時計店に供給されていきました。


専門技術を鍛え上げたパネライは、
やがて光学・精密光学の第一人者として地位を確立させていき、
アンチェトリン天文台の工学研究所の協力を得て
特殊なレンズ制作なども手がけていきます。


1992年まで
イタリア海軍の軍事機密に属する存在だったパネライでしたが、
軍用品は、冷戦の終結とともに不要となり、
時計分野が残り、現在も受け継がれているのです。



現代のパネライを支える優れた品質の背景は
とても奥深いものがあったのですね。



軍事機密だったパネライ 【亀田店】 新潟県新潟市にあるザ・ゴールド 亀田店の画像2
-・-・-・-・-・
貴金属・ダイヤ・時計・ブランド品買取り専門店 ザ・ゴールド亀田店
 〒950-0156 新潟県新潟市江南区早苗2-206
 TEL/FAX:
025-383-8892
営業時間]10:00~18:00 /年中無休(年末年始除く)
亀田店トップページ
ザ・ゴールド 亀田店

〒950-0156

新潟県新潟市江南区早苗2丁目206

TEL:025-383-8892

〔営業時間〕10:00~18:00

店舗ページへいく

ザ・ゴールド 亀田店の新着ブログ

もっと見る
ザ・ゴールド 亀田店

〒950-0156

新潟県新潟市江南区早苗2丁目206

TEL:025-383-8892

〔営業時間〕
10:00~18:00

店舗ページへいく