ブログ

パネライの裏蓋【古川店】

パネライの裏蓋【古川店】 宮城県大崎市にあるザ・ゴールド 古川店の画像1

貴金属・ダイヤモンド・時計・ブランド品買取専門店
ザ・ゴールド古川店のジャミラです。

パネライ裏蓋情報を読み解く


パネライの裏蓋【古川店】 宮城県大崎市にあるザ・ゴールド 古川店の画像2パネライの裏蓋【古川店】 宮城県大崎市にあるザ・ゴールド 古川店の画像3

パネライの製造番号等の読み方


オフィチーネ・パネライの腕時計には裏蓋に
製造番号(シリアルナンバー)等各種情報が記載されています。
その情報からパネライの時計が製造された年や同一モデルの製造数を知ることができます。
上記写真からOP番号、BB番号(シリアル番号)、製造番号が分かります。
パネライのケースバックから判る情報はこれらだけで、
一般的にパネライのモデルを判別するのに使われる
PAM番号(PAM00xxx)は時計本体には 刻印されていません。
PAM番号(パムナンバー)は時計本体ではなく付属品などに記載されています。

OP番号

OP番号とは「OP」から始まる番号でパネライのモデルを識別することができます。
上記左の写真では「OP 6755」となります。
「Officine Panerai」の頭文字であると推測できます。

シリアル番号

パネライには一つの個体でBBまたはPBから始まる製造番号と、
生産年式とその年の生産本数を表すアルファベットから始まる番号の
2種類のシリアルナンバーがあります。
年産本数を表す番号は、アルファベット順に
A 1998年
B 1999年
C 2000年 D 2001年
と続きます。

シリアル番号はパネライで一括管理され、
製造される全ての時計にこの番号が振られます。

1997年から1998年の初期にかけてPreAとして、
前期型のOP6500と後期型のOP6502で合わせて約1000本が生産され、
(PAM1 240本、PAM2 115本、PAM3 165本、PAM4 235本、PAM9 143本、PAM10 105本)
OP6501(PAM00006、PAM00007、PAM00008)のマーレノストゥルム
合計約400本がOP6500とOP6502の間に生産され、
A品番として1000本生産が計画されていたOP6502
(PAM1、PMA2、PAM3、PAM4、PAM9、PAM10)の内の約300本だけが生産され、
(この約300本は、A品番の表記がありますが、PreAに含まれます)
海外では"Pre-A' with Prefix "A""と呼ばれているようで、
日本語に訳すと A表記PreAと呼べます。 通常の1998年モデルのA品番と異なりますし、
また、通常のA品番にみられるダイヤルだけPreA文字盤が使われている物とも事なります。

判り易い例を挙げて解説すると、
通常のA品番ですとルミノールマリーナPAM1、PAM3、PAM4はAXXXX/1500と表記がありますが、
A表記PreAのルミノールマリーナはAXXXX/1000と表記されています。

合計 1000+400+300=約1700本が1997年に生産されたようです。
BB番は、BB970001から始まるので、この番号がPreAの最初の一本目とのことです。

PreA前半のOP6500ではBB番の下3桁と年産本数を表すシリアルナンバーは完全に一致し、
PreA後半のOP6502では
マーレノストゥルム分の400本をBB番から引いた数と年産本数は一致します。

さらにA表記PreAのOP6502では、
上記1400本をBB番から引いた数と年産本数は一致します。
1700本を970001に加算すると971701ですので、
推測するとBB971700前後の番号までが、PreAとカテゴリされます。

シリアル番号は1997年から振られはじめ最初の番号は「BB970001」であり、
それ以降増え続けています。

あなたの手元にあるパネライのシリアル番号と
同じシリアル番号のパネライは世の中に存在しません。

製造番号(プロダクションナンバー) 

製造番号は基本的にはシリアル番号の一行下に書かれる
アルファベット一文字文字と数字から成る番号です。

各モデル毎に管理される情報となり、上記写真では「E4249 / 5000」となります。

アルファベットはその時計の製造年数を表しており、
「E」の年(2002年)に「5000」本の生産予定の中で
「4249」番目に制作された時計であることがわかります。

また、通常の生産ラインとは別に製造されたものには
OOR(OUT OF RANGE)から始まる番号が振られることがあります。

PAM番号(パムナンバー)

PAMナンバーとは、OP番号とは別に用意されたモデルを識別するための番号になります。
PAnerai Modelの略になります。

文字盤やケースサイズ、ベルトの種類毎に細かく番号分けされています。

OP番号との違いはOP番号がモデルだけでなく製造年も識別出来るのに対し、
PAM番号はモデルしか識別出来ません。

この番号は時計本体や保証書には記載されておらず、
付属の外箱に貼られたステッカー(貼られずに添付されている場合もある)に
バーコードと一緒に記載されています。

時計店ではOP番号ではなく、このPAM番号と製造番号を組み合わせてモデルと年式を識別することが多い。

製造番号/呼び名と製造念の説明

Pre-A
1993年、パネライが「ルミノール マリーナ」、「マーレノストゥルム」という限定モデルを
初めて民間市場向けモデルとして発表しました。

この頃のパネライでは現在のようなシリアル番号管理がされておりませんでした。

パネライがバンドームグループに参画する前の期間であったのでこの期間のモデルを
「PreA品番」、「プレA番」、「プレヴァンドーム」などと呼ばれます。

A
1998年製造。
パネライがバンドームグループ(現リシュモングループ)に移籍し、一般発売を開始した年です。
この年よりシリアル番号の先頭にアルファベットが付くようになりました。
B
1999年製造。
C
2000年製造。
D
2001年製造。
E
2002年製造。
F
2003年製造。
G
2004年製造。
H
2005年製造。
I
2006年製造。
J
2007年製造。
K
2008年製造。
L
2009年製造。
M
2010年製造。
N
2011年製造。
O
2012年製造。
OOR
アウトオブレンジ。
通常の生産ラインとは異なる限定モデルや特別モデルに割り当てられる。

パネライは保証書がなくても裏蓋からいろいろな情報を読み取ることができるので
パネライの時計をお持ちの方は裏蓋を見てみてください。

パネライの裏蓋【古川店】 宮城県大崎市にあるザ・ゴールド 古川店の画像4
-・-・-・-・-・
貴金属・ダイヤモンド・時計・ブランド品買取専門店ザ・ゴールド古川店
〒989-6223 宮城県大崎市古川青塚116-1
TEL/FAX:0229-21-1599
[営業時間]10:00~18:00/年中無休(年末年始除く)
古川店トップページ
ザ・ゴールド 古川店

〒989-6223

宮城県大崎市古川青塚116-1

TEL:0229-21-1599

〔営業時間〕10:00~18:00

店舗ページへいく

ザ・ゴールド 古川店の新着ブログ

もっと見る
ザ・ゴールド 古川店

〒989-6223

宮城県大崎市古川青塚116-1

TEL:0229-21-1599

〔営業時間〕
10:00~18:00

店舗ページへいく