ブログ

エルメスのロゴの謎  【長岡店】 

エルメスのロゴの謎  【長岡店】  新潟県長岡市にあるザ・ゴールド 長岡店の画像1

貴金属・ダイヤモンド・時計・ブランド品買取り専門店ザ・ゴールド長岡店の海苔子です。

エルメスといえば、バッグはもちろんスカーフやジュエリーなど1つは持ちたい

女性のあこがれのブランドの1つですね。

今回は、そのエルメスのロゴマークの謎についてお話しいたします。


エルメスは、1837年にティエリ・エルメスがパリに高級馬具工房を開業したことが始まりです。

その後、自動車産業の発達や馬車文化の衰退に伴った時代により、上質な皮革を使った

バッグや財布などを作り出す皮革製品産業に転身し

今では、誰もが知る・世界的に有名なブランドとなりました。


ロゴマークには、馬・馬車・従者が描かれています。

当時パリで流行していた馬車の形態で、主人自ら馬を操り、従者はその補助をするというスタイル。

ロゴを見ると『エルメス』と分かるぐらい、みなさんもご存知とは思いますが


改めて、じーーーーーっと見てみると、あれ?と思いませんか。


そうです!!「主人」がいないのです。何故でしょう????

馬車はどこに向かって走って行けばいいのかわかりません。

大事な主人がいない。そこにはエルメスのこだわりがありました。

エルメスは「主役はユーザーにある」という考えで、象徴しているのが

ブランドロゴなのです。従者=コール  馬車=ブランドアイテム  主人=ユーザー

「エルメスは最高の品質の馬車を用意しますが、それを卸すのはお客さまご自身です」という

意味が込められていて、その為、主人がいない構図になっているそうです。

何気なく見ていたロゴマークですが、とても深い意味のある、エルメスのロゴマーク

なんですね。見かけた方は、メッセージを感じなながら、眺めて見て下さい。

エルメスのロゴの謎  【長岡店】  新潟県長岡市にあるザ・ゴールド 長岡店の画像2
-・-・-・-・-・-
貴金属・ダイヤモンド・時計・ブランド品買取り専門店ザ・ゴールド長岡店
〒940-0036新潟県長岡市愛宕1丁目4-47
TEL/FAX:
0258-31-3611
営業時間〕10:00~18:00/年中無休(年末年始除く)
長岡店トップページ


 

ザ・ゴールド 長岡店

〒940-0036

新潟県長岡市愛宕1丁目4-47

TEL:0258-31-3611

〔営業時間〕10:00~18:00

店舗ページへいく

ザ・ゴールド 長岡店の新着ブログ

もっと見る
ザ・ゴールド 長岡店

〒940-0036

新潟県長岡市愛宕1丁目4-47

TEL:0258-31-3611

〔営業時間〕
10:00~18:00

店舗ページへいく