ブログ

ブルガリ ビーゼロワンとトゥボガスについて【新潟中央店/新潟県/新潟市】

ブルガリ ビーゼロワンとトゥボガスについて【新潟中央店/新潟県/新潟市】 新潟県新潟市にあるザ・ゴールド 新潟中央店の画像1

帯と着物買取のザ・ゴールド新潟中央店のREN子です。
 

今回はBVLGARI(ブルガリ)のB.Zeo1(ビー・ゼロワン)とトゥボガスのお話しです。

1884年、ギリシャ系イタリア人のソリティオ・ブルガリがイタリアのローマで創業したジュエリーメーカーです。古代ローマ文化やギリシャ建築様式をデザインに取り入れたジュエリーは、パリ中心の宝石文化において独立の地位を気づいて生きました。様々なデザインのジュエリーの中でも、代名詞となっているB.Zero1(ビー・ゼロワン)は1999年末に誕生して以来、根強い人気を保っています。

B.Zero1のBはブルガリ(BVLGARI)の頭文字だそうで、Zero1(01)は『無限の始まり』を意味しているそうです。

スパイラルのモチーフは、有名な円形競技場「コロッセオ」と現代的なスピリットを秘めたブルガリのトレードマークともいえる【トゥボガス(ガスチューブ)】という、ローマ発祥の技法からインスパイアされたものだそうです。

特徴的な螺旋(らせん)は「永遠の都」ローマの壮大さと『過去と現在を未来へ繋ぐエターナルサークル』を表現していると言われています。

側面に刻まれた『BVLGARI BVLGARI』のダブルロゴは、1977年に発表されたウォッチコレクションで採用されたモチーフだそうです。


ビー・ゼロワンは、リング・ブレスレット(バングル)・イヤリング(ピアス)・ネックレス(ペンダントトップ)・時計と、コレクションの幅が広いです。

使われている素材も、18金イエローゴールド・ピンクゴールド・ホワイトゴールドの他に、大理石やブラックセラミック・ホワイトセラミックを使用していたり、パヴェダイヤモンドを施したりと、自分の好みに合わせて選ぶことが出来ますね。 ビー・ゼロワン誕生10周年の時には、現代彫刻家アニッシュ・カプーア氏とのスペシャルバージョンを発表し、2017年には世界的に著名な女性建築家の故ザハ・ハディッド氏がビー・ゼロワンの新たな歴史を刻んだとも言われています。

昨年、2019年はビー・ゼロワンの20周年を記念し「ビー・ゼロワン デザイン レジェンド」の3作目となるコレクションの発表もありました。

3作目の新コレクションは「ビー・ゼロワン デザイン レジェンド」のオリジナルデザイン、ピンクゴールドのフォルムはそのままで、コレクション初のブラックとホワイトのセラミックを使用したリングとネックレスが加わったそうです。


ブルガリのトレードマークともなっている【トゥボガス(ガス管)】は丸みのある輪郭のしなやかなバンドが特徴で、制作には『はんだ』を使わずに作るため、特殊なテクニックと長い時間を必要としているそうです。滑らかでしなやかなトゥボガスのモチーフは、1920年代以降に使用されていたガス管の形状に着想を得ていると言われています。金属を織りあげたようなガスパイプに似ていることから、そのまま名付けられたといわれ、1940年代後半から技術的にジュエリーメーキングに使用されるようになったそうで、アールデコの時代に工業製品にインスパイアされ誕生したデザインの特徴となったそうです。

当時、話題を呼んだ【トゥボガス ブレスレット】は、時計・ネックレス・チョーカー・リングなどにも取り入れられ、留め具がなくても腕にしなやかにフィットして着脱が簡単なことから、ヘビのモチーフ(セルペンティ)の時計を創造したそうです。


世界5大ジュエラーとして、伝統的な古代様式をモチーフにしたデザインや「イタリア派」と呼ばれるイタリアらしい個性に富んだデザインなどが、現在の確立されたブルガリのデザインスタイルになっているんですね。

ザ・ゴールド 新潟中央店

〒950-0916

新潟県新潟市中央区米山6丁目11-8

TEL:025-255-5911

〔営業時間〕10:00~18:00

店舗ページへいく

ザ・ゴールド 新潟中央店の新着ブログ

もっと見る
ザ・ゴールド 新潟中央店

〒950-0916

新潟県新潟市中央区米山6丁目11-8

TEL:025-255-5911

〔営業時間〕
10:00~18:00

店舗ページへいく