着物のコラム

留袖は保管状態や付属品により、高額買取査定になることも

留袖は着物の中でも格式が高く、同時に価値の高い着物でもあります。家紋が入っていることもあり、親や親族から受け継いで持っているというケースも多いようです。

礼装としてフォーマルな場で着用できる留袖ですが、最近では洋装が主流になっているため、留袖を着る方は、年々減少する傾向にあります。留袖をそのまま箪笥にしまい込んでしまうよりは、一度、買取査定の依頼をしてみるのはいかがでしょうか。着物が即現金に変わるのはもちろんのこと、着物を必要とする方にリユース・リサイクル利用されることで、着物も喜ぶのではないでしょうか。

そこで今回は、留袖の整理を検討している方に、留袖の種類や買取査定を依頼する時の注意点をご紹介します。

留袖の買取査定を検討中の方は、こちらからお申込みください。


目次
留袖は、黒留袖と色留袖の2種類
留袖を高く買い取ってもらうための注意点3つ
まとめ

留袖は、黒留袖と色留袖の2種類

留袖は、黒留袖と色留袖の2種類に分けられます。黒留袖はその名の通り、黒い着物で、色留袖には様々な色があります。そもそも、留袖とは、着物の中でも一番格式が高い第一礼装に当たる着物で、基本的には既婚女性が結婚式などのフォーマルなシーンで着用する着物になります。

留袖は、両胸と両袖裏、背中に家紋が入っていること、そして裾にのみ絵羽模様が入っているという特徴があります。黒留袖は色留袖よりも格が高いため、結婚式で着用する方が多く、裾に入っている絵羽模様は縁起の良い柄なので、お祝いの席で着られることが多い着物となります。 黒い生地に家紋が5つ入っており、着物を2枚重ねたように見える比翼仕立てになっています。

色留袖は、生地が黒以外の留袖のことで、黒留袖に次いで格の高い着物です。 黒留袖が既婚女性のみ着られる着物であるのに対し、色留袖は未婚の女性でも着用できます。

黒以外の留袖は、家紋の数によってその格が変化します。家紋の数が5つであれば黒留袖と同格、1つないし3つの場合は略式の礼装扱いとなり、略式の場合はパーティーや、お茶会などでの着用が好ましいとされています。

色によっては未婚の女性でも着られること、またフォーマルなシーンでも活用できることなどから、中古市場での価値も高い着物です。その理由として、留袖自体が格の高い着物であることから、作られる際に使われる技法が優れているという点が挙げられます。

留袖は格式の高い着物で、凝った技法を用いて作られているものが多い着物です。たとえば、染め方の技法に「友禅」というものがあります。友禅にも種類がありますが、特に加賀友禅は染色までの全工程を一人の作家が行うため、より芸術性が高いものができあがります。作家が一点ずつ手書きで柄を描く加賀友禅は、正に芸術作品です。

作家にはその業界の大家として著名な人物もおり、人間国宝になっている人もいます。そのような著名な人物の手による着物であれば、より一層、高額買取査定が期待できます。

買取査定の依頼をする際に、忘れないようにしたいのが「証紙」です。証紙とは、着物の生産地や作者を証明する書類で、その着物が本物であることの証拠になります。

一般的に、証紙が無ければ高額買取査定が難しいと言われていますが、経験豊富な査定士であれば、証紙がない場合でも、その着物の価値を見極めることができます。 ザ・ゴールドには、経験豊富な査定士が多数在籍していますので、証紙を失くしてしまった場合でも、安心してご相談ください。

留袖の買取査定に興味がある方はこちら

留袖を高く買い取ってもらうための注意点3つ

留袖を高く買い取ってもらうための注意点は3つあります。

1つ目は、着物を良い状態で保管しておくこと
2つ目は、丈を長いままにしておくこと
3つ目が、帯などの付属品も一緒に売ること

1つ目の注意点である着物の保管状態については、当然ながら状態が良ければ良いほど、高額買取査定になります。良い状態で保管するには、湿気対策が欠かせません。着物は湿気によって、カビやシミなどができやすい状態になるため、たとう紙に包んで保管することはもちろんのこと、定期的に風通しや虫干しをする必要があります。

2つ目の注意点は、丈の長さです。着物は着る人によって、丈を調節できるように仕立てますが、小柄な人用に仕立てられた着物は、長く調整することができないため、需要が低くなってしまいます。反対に、大柄な人用に仕立てられた着物は、丈が長いため、あとから短く調節することができ、価値が高くなります。

最後の3つ目は、付属品などを一緒に売ることです。特に、留袖に合わせて仕立てた帯がある場合には、セットにして買取査定依頼をすることで買取査定額がアップする可能性があります。ぜひ、留袖と帯は一緒に買取査定依頼をすることをオススメします。

以上3つの注意点と合わせて、証紙がある場合には忘れずにつけて、買取査定依頼をしましょう。

まとめ

留袖は、着物の中でも特に格式が高いもので、黒留袖と色留袖の2種類があり、黒留袖は既婚女性のみが着られる着物となります。留袖をより高く売るためには、保管状態をより良く保つことが大切です。また、付属の帯や小物、証紙などがあれば、セットで買取査定依頼をしてみてください。古い着物でも高額買取査定になるかもしれません。

着物の買取査定依頼をしたい方はこちら

最近のコラム

コラムをもっと見る