着物のコラム

コラム

老舗千總(ちそう)の特徴と歴史、買取相場について

千總は、室町時代の1555年に創業した京友禅の老舗です。 450年以上という長い歴史を持ち、一度は千總の着物を着てみたいと憧れを抱いた方もいるのではないでしょうか。千總ブランドは、「京友禅と言えば千總」と言われるほど、確固たるブランド力を形成しています。

コラム

着物の紋とは?種類や格の違いも解説

若い時に人からもらった着物を、パーティに着ていったら、着物の紋がチグハグで、大きな恥をかいた。 とある機会に来店されたお客さまから、そんな体験談を伺ったことがあります。 知らない人が見ると、ただの模様に見えるその模様は、もしかしたら着物の「紋」かもしれません。

コラム

塩沢紬とは?伝統工芸品に指定される織物の特徴を解説

塩沢紬は、新潟県の魚沼市、塩沢地方で作られる高級紬で、多くの着物愛好家にも高く評価されている織物の1つでもあります。 紬(つむぎ)とは、紬糸で織られた絹織物で、塩沢紬には生地の表面に細かなシボがあり、そのシボが独特な風合いを生むことで知られています。シボとは、織り上げ後の湯もみで捻りが戻る力によって

コラム

龍村美術織物の帯や着物の特徴と買取相場について

“美術織物”という新たな芸術分野を確立した「龍村美術織物」は、初代龍村平蔵から現在の四代龍村平蔵へと引き継がれている、伝統的な織物ブランドです。 龍村平蔵は日本を代表する染織研究家で、初代龍村平蔵は経糸と緯糸で構成される織物に当時は確立されていなかった数多くの新しい技法を生み出しました。

コラム

日本三大紬一つと言われる牛首紬の特徴と買取相場

牛首紬(うしくびつむぎ)は、日本三大紬の一つとして知られており、着物の愛好家の中でも、特に紬好きの方に人気の高い着物です。現在では、牛首紬が生産されている工房の数が少ないこともあり、その希少価値は年々高くなっており、中古市場でも高値が付けられることがあります。 この記事では、牛首紬の特徴や歴史、買

コラム

重要無形文化財である結城紬の特徴と歴史

結城紬は、奈良時代から茨城県結城市を中心とした地域で生産されている高級織物の着物です。着物好きな方で知らない方はいないほど知名度が高く、多くの方が憧れる着物の1つとなっています。ご自宅で着用していない結城紬をお持ちの方は、この機会にその着物の価値を知るためにも査定依頼をしてみてはいかがでしょうか。

コラム

羽田登喜男(はたときお)の着物と買取相場について

着物は日本が誇る伝統文化として世界中でも高く評価されているため、その古い歴史に比例して数多くの着物作家が存在します。その着物作家の中でも羽田登喜男(はたときお)は、独自の技法を用いて制作を行ってきた作家で、人間国宝としても認められています。 ご自宅の箪笥に眠っている羽田登喜男の着物をお持ちの方は、ぜ

コラム

沖縄の伝統着物・紅型(びんがた)の特徴と買取相場

紅型(びんがた)は沖縄を代表する伝統着物の1つで、色鮮やかな色調や独自の模様が非常に美しく、今でも国内外の多くの人から愛されています。また、沖縄県の無形文化財にも指定されており、多くの専門家から価値が高いと賞賛されている着物です。 今回は、この歴史ある沖縄の伝統着物・紅型の特徴や魅力をご紹介いたし

コラム

沖縄県を代表する着物・琉球紬の買取相場とは?

琉球紬は沖縄県を代表する着物として知られています。着物にあまり詳しくないという方でも1度は耳にしたことがあるかもしれません。沖縄で育つ植物を用いて染められる独特の風合いが魅力の琉球紬は、経済産業大臣指定伝統的工芸品に指定されており、高く評価されています。 今回は、琉球紬の特徴に合わせて買取相場など

コラム

北村武資が作る着物の買取相場と高額買取のポイント

北村武資は、人間国宝(重要無形文化財保持者)に認定されている日本を代表する有名着物作家の1人です。高度な技術によって1点1点丁寧に作られた美しい着物は、新品、中古問わず価値が高く、多くの着物ファンを魅了しています。ご自宅に保存状態の良い北村武資の着物をお持ちの方は、ぜひ一度、買取査定の依頼をしてみて

1