着物のコラム

着物の買取相場や買取依頼におけるポイントについて

毎シーズンの衣替えやジメジメする梅雨のシーズンが近づくと考え始めてしまう、洋服や和服の管理、片付け方法。自宅でとりあえず大切に保管はしているけれど、もうあまり着る機会がなく、出番がないままになっている着物が結構な枚数あるという方も、いらっしゃるのではないでしょうか?
今回の記事では、中古着物の買取相場と着物の買取をする前におさえておきたいポイントをご紹介していきます。


高く売るコツが知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。


目次
訪問着の買取相場(~30,000円)生地や保存状態で数十万円のものも
振袖の買取相場(~40,000円)小物と合わせると価格が上がることも
留袖の買取相場 (~20,000円)有名な技法や作家によっては数十万円も
まとめ

訪問着の買取相場(~30,000円)生地や保存状態で数十万円のものも

「着物を着る」ということが、若い世代の方々からも再び脚光を浴びつつある現在。
未婚・既婚はもちろん、カジュアルなシーンやフォーマルなシーンなどを問わずに、着用できる訪問着の需要が高まってきていることはご存知でしょうか?

訪問着の買取相場は、生地や文様、年代、保存状態などによりばらつきがありますが、数万円~数十万円の買取金額になる着物も少なくありません。

とくに、有名作家や伝統的な染、紬などでつくられた着物の場合は、その品質を証明してくれる証紙と一緒に買取を依頼することで、査定金額が異なってくる場合もあります。

着物の中でもデザイン性に富んでいる訪問着は、なかなか自分では、本来の着物の価値がわかりにくいものです。たとえダメージの大きい着物の場合でも、ハギレとして再利用できたり、リサイクル着物として重宝されたりするということもあります。

どんな着物が再利用できるのかについては、買取業者に問い合わせてみると良いかもしれません。ザ・ゴールドでもご相談をお受けしております。


「生地に傷みやシミがあり、何十年も箪笥にしまい込んでしまったので」
「着物の保存状態が悪かったから」

と始めから諦めて処分してしまうのではなく、ぜひ一度、買取店の利用を検討してみてはいかがでしょうか?

振袖の買取相場(~40,000円)小物と合わせると価格が上がることも

おそらく多くの女性が、成人式や卒業式などの機会に、一度は袖を通した経験のある振袖。

未婚女性の礼装として、成人式や結婚式などのフォーマルなシーンで見かける華やかな着物ですが、小振袖(二尺袖)や中振袖、大振袖(本振袖)と大きく分けて3種類あることをご存知でしょうか?

ご家庭で眠ったままになっている振袖は、袴と合わせて着られることの多い小振袖や成人式で着用した中振袖などが多いのではないかと思います。

着物の中でも、振袖は第一礼装として高価な生地や織りでつくられていることが多く、買取相場、買取価格が高くなる傾向にあります。

一方で、振袖は、その時代に流行しているデザインの影響を最も強く受けるとも言われているため、買取相場にバラツキが出ることも多いです。

一般的な買取相場価格は、数千円~数万円とされていますが、振袖とコーディネートが可能となる襦袢(じゅばん)、帯、帯締め、帯揚げなどを合わせて買取依頼をすると買取価格がアップすることがあります。

「一点もの」のような貴重な振袖の場合は、買取価格が数十万円となることも珍しくありません。作家の証紙があるものや特に状態が良いものは、お誂え時に付属していたものと一緒に買取依頼した方が良いと言えます。

留袖の買取相場 (~20,000円)有名な技法や作家によっては数万円~数十万円にもなることも

和装における「最上級の礼装」として知られている留袖は、結婚していなくても着用でき、振袖代わりにもなります。

また、元々の生地の上質さなどもあるので買取相場価格が高い着物のひとつです。

留袖は、保存状態の良いもの、有名作家が手がけた作品、丈や裄丈が長いなどの場合は、現代でもまだまだ高い需要が見込まれるため、数万円の買取相場となることが多いです。

京友禅や加賀友禅などの技法が使われており、保存状態の良いものについては、数十万円の買取価格となることもあります。

留袖の中には、黒地に紋が入っている黒留袖と、比較的カラフルな地色に紋が入っている色留袖がありますが、普段から着物に馴染みがないという方は、色留袖と訪問着を混同している方もいるため注意が必要です。

色留袖は、「第一級の礼装」とも呼ばれるきちんとした装いのシーンで着るため、紋の数によっては黒留袖と同様の格式を持つものもあります。

一般的に色留袖を見分ける方法としては、上半身が無地となっていて裾の方のみに柄が入っているものがあげられますが、ご自身で判断しかねるという場合は、ぜひ経験豊富な店舗で査定をしてもらうことをオススメします。

まとめ

現代人である私たちにとって、ある意味で「特別」とも言える着物には、家族の思い出や人生の一ページの思い出が詰まっているという方も多いのではないでしょうか?

結婚式や成人式などのシーンでお馴染みの振袖、フォーマルなシーンで欠かせない留袖などは、心に色濃く残っている思い出との関わりも、ことさら強いと思います。

大切にしてきた着物だからこそ、信頼できる買取先を探したいものです。

納得のいく査定、お買取りのために、ぜひ、今回紹介した買取相場や買取依頼におけるポイントを参考にしていただければと思います。

ザ・ゴールドでは全国に直営店のみ、フランチャイズや委託店はございません。

店頭にて査定させていただく店頭買取、ご自宅に訪問して査定させていただく出張買取、宅配便でお品物を送っていただく宅配買取の3種類の買取方法がございます。

すべて、査定は無料となっておりますので、ご相談はこちらからお申込みください。

無料査定・着物買取の詳細はこちら

おすすめコラム

最近のコラム

コラムをもっと見る
次の記事