着物のコラム

江戸小紋の着物とはどんなもの?その特徴と買取相場

小紋の中でも広く認知され人気も高い江戸小紋は、細かい模様を単色で型染めした比較的落ち着きのあるデザインが特徴の着物です。控えめながらも凝ったデザインのため、茶席や観劇、結婚式など、カジュアルからフォーマルまで幅広く着用することができますので、愛好者も多いのが特徴です。

日常的に着物を愛用している方だけでなく、ご家族から譲り受けた方などで江戸小紋をお持ちの方もいらっしゃると思いますが、買取査定を依頼する場合、その特徴や相場を知っておくと役に立ちます。

この記事では様々な種類がある江戸小紋の特徴や買取相場の知識をまとめていきます。


目次
江戸小紋の着物の歴史とその特徴
江戸小紋三役と五役
買取相場と高額買取のポイント
まとめ

江戸小紋の着物の歴史とその特徴

江戸小紋とは、小紋と言われる小さな柄で型染めをした着物のことを言います。

江戸時代に、武士の礼装である裃(かみしも)から発展したと言われており、当時は参勤交代で江戸にやってくる藩士たちを区別するため、藩ごとに決まった柄が定められていました。当時は大柄のものも存在しましたが、江戸幕府が小柄の小紋を武士の公服としたことから、各藩は競い合うかのように、より小さい柄を求めました。そのことが結果的に職人の製作技術を高め、緻密で魅力ある着物になったと言われています。細かい柄になればなるほど型紙を作ることや染めることが難しくなるため、この模様は当時も格式の高いものとされていました。

また、江戸小紋は基本的に単色で作られているのが特徴ですが、その背景には江戸時代に出された「贅沢禁止令」があります。これは華やかな色や柄の着物を禁止するもので、それがかえって落ち着いた色味の中からバリエーションを楽しむ美的感覚や、細かな柄に対するこだわりが生み出されるきっかけになりました。

江戸小紋三役と五役

江戸小紋には数多くの模様が存在しますが、中でも「鮫」「通し」「行儀」は「江戸小紋三役」と呼ばれる江戸小紋を代表する模様として知られており、そこに「大小霰」「万筋」を加えたものが「江戸小紋五役」と呼ばれており、各藩が使用していた柄の総称として用いられます。

これら「江戸小紋五役」の模様にはそれぞれ意味が込められています。

「鮫」は鱗のように広がる柄が特徴で厄除けの意味が込められ、「通し」は細かい点が垂直に並べられており、筋を通すという意味があり、「行儀」は斜め45度に規則正しく点が並んでいることから、お辞儀のように礼を尽くすという意味があります。
そして「大小霰」は大小の水玉模様が特徴で、霰のような勢いがつくようにという意味があり、「万筋」は縞とも言われ細かい縞模様があしらわれており、筋を通すという意味が込められています。

このように、それぞれの模様によって意味があるため、知れば知るほど奥深いのが江戸小紋ですが、一見したところ単色で柄も細かいため、どうしても地味なイメージが持たれることがあります。しかし、このような背景や細かい部分にまでこだわりを持って作られている江戸小紋には、日本ならではの美意識が感じられます。

また、この江戸小紋五役までは紋が入ることで結婚式などのフォーマルな場でも着用することができるため、着回しがきく着物としても重宝します。これらの江戸小紋五役と比較して、「定小紋」と呼ばれる模様も存在します。「定小紋」は大名の裃の柄に由来しており、藩ごとに模様が定められていました。徳川将軍家の御召十、甲斐武田家の武田菱、島津家の大小霞など、数多くの種類があります。

買取相場と高額買取のポイント

江戸小紋に限らず、着物は天然素材で作られているものが多く、保存が難しいのが特徴です。保存状態が悪く、変色やカビがある場合は価値が下がってしまうため、定期的なお手入れなどで保存状態を良く保つことで買取価格も上がります。

また、全体的に人気のある江戸小紋の中でも、有名作家が作った作品は希少価値が高く、買取価格が上がる傾向にあります。特に人間国宝としても知られる小宮正孝や小紋師の藍田正雄による江戸小紋は、独自の感性や高い技術が非常に美しく愛好家も多いため、買取価格も高い傾向にあります


有名着物作家の着物をご紹介


着物の産地や技法などを記した証紙も残っている場合は、着物と合わせて査定依頼をすることで正しい情報を伝えることができますので、買取査定金額がアップすることがあります。買取相場は、保存状態や柄やサイズなどによっても変わってきますので、着物の専門家に査定依頼することをお勧めします。着物の買取査定を行うところは、古着など全般を扱うリサイクルショップやインターネットでのオークションやフリマアプリなど、様々なものがあります。直接買い手を見つけられるのが一番良いですが、着物の好みやサイズなど、なかなか簡単にはいきません。そのため、着物買取専門店を利用される方が多くなっています。着物買取専門店の査定士は当然ながら着物に対する知識や経験値が高いため、大切な着物の価値をしっかり見極めることができます。


着物の買取査定額はリサイクルショップと買取専門店どちらが高い?

まとめ

さりげなく美しい模様が魅力の江戸小紋は、カジュアルにもフォーマルにも着ることができるため、人気が高い着物の1つです。着物の状態や柄の精密さ、有名作家によって作られたものかどうかによって高い価値が付けられることもあります。ちょっとした特徴を知るだけでより一層着物を楽しむことができます。もしご自宅に着ていない江戸小紋がある場合は、買取査定を依頼してみませんか?意外と思った以上に価値がつく場合もあるかもしれません。

最近のコラム

コラムをもっと見る