着物のコラム

大切な着物の保管方法

100%絹の素材でできた正絹の着物はとてもデリケートです。大切な着物を丁寧に保管していたつもりが、いつのまにか黄ばんでしまったというのはよくあることです。一度、黄ばみなどの変色、シミ、虫食い等が出てしまうと素敵な着こなしができなくなってしまいます。もし、着なくなって買取査定に出した場合にも、思ったように買取金額がつかなくなってしまうかもしれません。

そんなことがないように、大切な着物は正しい方法で保管をしておきましょう。着物をきれいなまま保管するためには、いくつかのポイントがあります。カビや変色、日焼け防止対策など、着物が傷んでしまう原因やそれに対する具体的な対策をカテゴリー別にご紹介します。


目次
湿気対策
虫食い対策
保管場所
まとめ

湿気対策

着物をきれいな状態で保管するには、通気性を良くすることが第一です。着物に湿気は厳禁、湿度が75パーセント前後に達するとカビが繁殖しやすい状態になってしまいます。一度ダメージを受けると、カビや変色、型崩れなど劣化の速度が一気に高まり、せっかくの着物が台無しになってしまいますので、事前に対策することが重要です。

基本的には、着物を1枚ずつ専用のたとう紙に包んで保管ケースに収納していきます。収納する際には桐のタンスが適していますが、用意できない場合はプラスチックケースで代用することも可能です。プラスチックケースの場合、底にすのこを敷くことで、更に通気性を高めることができます。逆に、ダンボールなど紙製のケースは湿気を寄せ付けてしまうので保管には適していません。

収納の際には、通気性を保つことに加えて、型崩れやシワ対策のためにも着物を互い違いに重ねていき、量は5枚程度に押さえておくのが最も効果的です。このような収納方法に加えて、除湿剤の利用も簡単に行うことができる対策です。除湿剤は、次にご紹介する虫食いにも効果が期待できます。

虫食い対策

虫食い対策として、市販の防虫剤を使用する機会があると思いますが、基本的に防虫剤を使用する際には、着物の生地に適したものを1種類のみ使用するのがポイントです。複数の防虫剤を乱用してしまうと、成分が化学反応をおこしてしまい、シミや変色の原因になる場合があります。特に、金銀の色などを使用している着物は化学反応を起こしやすいと言われているため、着物専用の防虫剤を使用すると化学反応によるシミや変色から大切な着物を守ることができます。

湿気は害虫が活動しやすい環境を作ってしまうため、乾燥材により防虫効果と乾燥効果の両方が見込めるため、虫食い対策と湿気対策の両方が期待できます。お菓子の乾燥剤としても使用されているシリカゲルは防虫剤と一緒に使用することができるので、合わせて使用するのがおすすめです。防虫剤や乾燥剤を使用する場合には着物に直接当たらないよう、保管ケースの四隅などに入れるようにします。この時に、ケースの大きさによっては四隅全てに入れてしまうと多すぎる場合があり、シミなどの原因となってしまうので、事前に容量を確認してから使用してください。

このように防虫剤、乾燥剤を着物と一緒に入れておくだけで、着物を虫食いから守ることができます。また、他にも虫干しと言われる、定期的に着物を陰干しするのも虫食い対策には有効です。万が一、虫がついていたとしても早めに追い払い、着物をきれいに保つことができます。定期的な状態チェックとしても活用できる方法なので、最低でも年に一度、できれば季節に合わせて行うと効果的です。

保管場所

着物はとても繊細にできているため、保管方法次第できれいな状態を長く保つことができます。反面、保管場所や保管状態が悪い場合は、すぐにダメージを受けてしまいます。そのため、大切な着物を守るためにも、保管場所のチェックは怠ってはいけません。

まず、意外と見落としがちなものに紫外線があります。たとえ室内の陽の当たらないところに置いてあったとしても、部屋の電気などからも紫外線は発生すると言われているため、光が長期的に当たることで着物が変色してしまう可能性があります。しっかりとたとう紙に包み、更に風呂敷などのやわらかい布で覆うことで光の侵入を防ぐことができます。

着物以外にも、着付け道具である帯板などのゴムでできたアイテムからは、使用されている接着剤との化学反応などによって硫黄系のガスが発生する場合があると言われており、臭い移りや変色の元になります。接着剤など、万一溶け出した際に着物に付着してしまうという可能性も考えられるので、それぞれ分けて収納するようにしてください。

収納する際に、おすすめなのは一般的に知られている桐箪笥に加えて、気軽に手に入れることができるプラスチックケースです。着物を収納する前には除湿シートやすのこなどをケースの底に敷くのがより良い方法です。また、収納するサイズは着物を2つ折りで入れられるものを選ぶと、折りじわなども極力防ぐことができます。スペースが限られていて大きいサイズのケースが置けない場合には、着物を3つ折で入れられるサイズでも良いです。

まとめ

黄ばみなどの変色、シミ、虫食い等、着物の保管をしないと素敵な着物が傷んでしまいます。着物をきれいな状態にするには、湿気、虫食い、保管場所などに気を付けながら保管してください。

また、着物の保管方法を見直す中で、不要な着物などが出てくるかもしれません。「ザ・ゴールド」では着物の無料査定を行っておりますので、お気軽にご相談ください。

最近のコラム

コラムをもっと見る