着物のコラム

たとう紙って何?着物に関する知識

たとう紙は着物を着る方にとっては、とても身近で当たり前のものですが、着物と縁のない方には、日常生活で使用するものではないため、名前すら聞いたことがないという方もいらっしゃるかもしれません。今回は、たとう紙とは何か、使用することによるメリット・デメリット等についてお伝えします。たとう紙の利用によって、着物の買取査定金額が変わることもありますので、着物をお持ちの方は必見です。


目次
たとう紙って何?
たとう紙を使うメリット
たとう紙を使うデメリット
まとめ

たとう紙って何?

たとう紙とは一言でいうと、着物を包む紙のことです。元々は貴族のような上流階級の人々が着物を贈り合う際に、価値のある大切なものを包むという意味で紙に包んでいたことが由来とされています。その後、呉服屋が仕立て上がった着物をお客さまに渡す際に同様に包むようになったために、より一般的に広まっていきました。初めは梱包のために使用されていたものでしたが、保管時に使用することで多くのメリットがあったことから、保管の際に使用するものになりました。

また、地方や用途によって漢字の書き方や読み方も異なります。読み方としては「たとうし」、「たとうがみ」、「たとうかみ」、「たたみがみ」などがあり、漢字表記としては「畳紙」、「帖紙」、「多当紙」などがあります。また近畿地方では「文庫紙」や「キモノ紙」と呼ばれることが多く、京都ではたとう紙というと着物を着替える時に下に敷く「衣裳敷」のことを意味しています。

着物は本来非常に湿気がこもりやすく、日本は湿気の多い気候であることもありカビが発生してしまうことが多いものでした。たとう紙は通気性や吸湿性に優れているため、包んで保管することによって不要な湿気を取り除いてくれ、着物を守ってくれる役割を果たします。また、使用される紙の種類や柄、紋様などは購入する場所や銘柄によって異なりますので、たとう紙はただ保管するためのものではなく、その着物の価値を証明することが出来るものでもあります。

たとう紙を使うメリット

上述にもある通り、たとう紙を着物保管の際に使用することによって、いくつかのメリットがあります。まず、最も大きなメリットは、湿気を吸収してくれるということです。たとう紙はその名の通り紙で出来ているため、吸湿性や通気性が非常に良く、紙の種類によって差はありますが、厚みのある和紙はその中でも非常に吸湿性が高くなっています。

湿気がこもってしまうと着物にカビが発生しやすくなりますが、1枚ずつ包んで保管することによって不要な湿気を吸収してカビの発生を防いでくれます。そして、ほこりや汚れを防止し、虫食いを防止する効果もあります。

例えば、どんなに大切に保管していたとしても、長期間、箪笥の中に入れっぱなしにしていると、着物には多少なりとも、ほこりがついてしまうものです。これが汚れの原因となってしまうだけでなく、虫を発生させる原因にもなります。

たとう紙に包んで保管することによって、着物にほこりがつくことを防ぎ、虫食いからも着物を守ってくれます。さらに収納をする際のシワを防止する、というメリットもあります。たとう紙に包んでおくと非常に滑りがよくなり、着物が偏るのを防いでくれるため、シワがつきづらくなります。重ねて収納することも容易になるため、取り出すのも簡単で、他の着物に与える影響も軽減することができます。

たとう紙を使うデメリット

たとう紙は着物を保管する上で多くのメリットがあり、便利なものですが、決して万能なものではありません。まず挙げられるのは、使用されている糊によって虫がついてしまったり、カビが発生してしまったりすることがあるという点です。たとう紙の種類によっては、1枚の紙で作られたたとう紙もありますが、ほとんどのたとう紙は糊を使用して、複数枚の紙を繋ぎ合わせて作られています。この糊が虫を引き寄せてしまい、着物が虫食い被害に遭ってしまうことがあります。また、カビ菌が糊に付着することによって、着物やたとう紙自体にカビが発生してしまう原因となることもあります。

そして、たとう紙には使用期限があるため、定期的に交換をしなければいけないということもデメリットの1つかもしれません。一般的な期限は5年とされているため、使用していない着物でも、5年ごとに新しいたとう紙に交換する必要があります。

5年経過していないたとう紙でも紙が変色している場合や、汚れがひどい場合には交換する必要があります。使用期限を越えて使用し続けたり、頻繁に出し入れをする方は、紙が破れてしまうこともあります。特に重さのある着物や帯に使用する場合には、その分たとう紙へのダメージも大きくなりますので、より頻繁に交換する必要があります。

さらに、たとう紙に包まれた状態ではどんな着物が入っているのか、一目では分からなくなりますので、探す際に不便というデメリットもあります。たとう紙の中には表面に窓がついていて中の着物が見えるようになっているものもありますが、窓がないものや似た色柄の着物をお持ちの方は、探す都度、開いて中身を確認する必要があります。メモや写真を付けるなど、自分なりに分かりやすくする工夫をしている方も多いと思います。

まとめ

たとう紙は着物を保管する際に着物を守り、状態よく保つために欠かせないものです。使用することによるメリットは非常に多いですが、ただ着物を包んで保管しておけば良いというものでもありません。

使用期限を守り、正しい方法で使用することによって、本来の役割や効果をきちんと発揮させることができます。着物の保管状態を良くすることによって、着物の買取査定金額が上がりますので、たとう紙を上手に利用していただければと思います。

最近のコラム

コラムをもっと見る