着物のコラム

沖縄の伝統着物・紅型(びんがた)の特徴と買取相場

紅型(びんがた)は沖縄を代表する伝統着物の1つで、色鮮やかな色調や独自の模様が非常に美しく、今でも国内外の多くの人から愛されています。また、沖縄県の無形文化財にも指定されており、多くの専門家から価値が高いと賞賛されている着物です。

今回は、この歴史ある沖縄の伝統着物・紅型の特徴や魅力をご紹介いたします。ご自宅の箪笥に眠っている着物を売りたいとお考えの方に参考にしていただければと思います。

目次
紅型の特徴と琉球王国に伝わった歴史的背景
紅型の買取相場
紅型の着物や帯を高く売るには?
着物買取専門のザ・ゴールドにお任せください
まとめ

紅型の特徴と琉球王国に伝わった歴史的背景

色鮮やかで大ぶりの柄が印象的な紅型は、琉球舞踊の衣装にも用いられ、沖縄の代表的な染物として広く認知されています。そもそも紅型にはどのような特徴があるのか、そして琉球王国に伝わった歴史をご紹介します。

紅型(びんがた)とは?紅型の特徴

紅型の特徴は何と言ってもそのデザインの独自性です。紅型の「紅」は色全般を意味しており、「型」は多様な柄や模様を意味していることからもそのルーツを想像することができます。一般的な染物には染料が使用されていますが、紅型の場合は顔料を基本とし、必要に応じて染料を重ねることで鮮やかな色合いが表現されています。模様に関しても、沖縄の豊かで美しい自然から刺激された生き物や景色の柄や、松や桜などといった京友禅に影響されたと言われる柄が取り入れられているものなど、様々なものがあります。また、交易のあった中国から影響を受けたとされる鳳凰や龍などのモチーフが入っているものもあり、様々な文化の融合を楽しむことができるのも特徴です。

琉球紅型として伝統になるまでの歴史

紅型の起原は諸説あるものの、14世紀頃だと言われています。当時琉球王朝と交易が盛んであった東南アジア諸国から、インド更紗やジャワ更紗、中国の花布などの技術が伝わり、紅型に発展したと言われています。琉球王朝時代には王族や貴族の衣装として作られ受け継げられていましたが、19世紀の琉球処分や第二次世界大戦によって衰退してしまいました。しかし、戦後になって復興を望む後継者や愛好家によって紅型保存会と沖縄びんがた伝統技術保存会が作られ、見事復活を遂げました。現在では沖縄県の無形文化財、そして日本の伝産品とされており、その美しさはもちろんのこと、ものづくりの精神とともに多くの人から愛されています。

紅型の買取相場

紅型の買取査定金額は、有名作家の作品かどうか、保存状態の良し悪し、サイズなど様々な要素によって異なってきますが、状態が良い着物の場合は、数万円~数十万円となります。新品の紅型の販売価格は、訪問着なら60万円ほど、振袖の場合は100万円以上するものが多く流通しているため、販売価格の1割程度が買取相場ということになります。

有名な作家の作品は、やはり知名度に見合った高い技術とセンスがあり、その完成度は非常に高いものとなります。保存状態が良く、極端に着丈が短いなど、サイズに問題がなければ、高額査定になりやすい傾向にあります。

手作業で製作する工程が多い紅型は、1つの着物を作るために長い時間が費やされるため、希少価値も高くなります。そして、人間国宝(重要無形文化財保持者)などに認定された作家の作品ともなると、それだけで付加価値が付き、高額査定が期待できます。

紅型の着物や帯を高く売るには?

紅型のように希少価値が高く、人気のある着物は全体的に買取相場も高い傾向にありますが、高い金額で取引される分、需要も安定しないため、できるだけ高い金額で売れるように事前に下記の内容を確認をしてみてください。

琉球紅型のお手入れについて

紅型の着物や帯を高く売るためのポイントとして大切なのは、品物の状態の良さです。たとえデザインが美しい作品であったとしても、汚れやシミ、匂いなどがあり、またそれが修復できないものと判断された場合は、品物の価値が低くなってしまいます。
もちろん有名作家の作品は、多少のダメージがあるものでも需要がありますが、少しでも高額買取を期待される場合は、できるだけ保存状態を良くしておくことが大切です。

ご自宅で長期間保管されている場合は、新品の着物でも、経年劣化が進んでしまいます。そのため、家族や親族から譲り受けた着物でサイズが合わない場合や、今後着る機会がないと考えられる場合などは、劣化が進む前に早めに査定依頼をされることをおすすめします。ご自身では、価値があるかないかの判断がつかない場合は、当店のような着物買取専門店のご利用をおすすめします。

古い着物も買取できる?古くても高額買取査定になりやすい着物とは

証紙をご用意ください

証紙とは、その着物の産地や種類、作家などが記載された、いわば保証書のようなものです。着物の価値を一目で判断することができますので、お持ちの着物に付属していた場合は、一緒に添えて査定依頼をすると買取査定金額が高くなることがあり、査定もスムーズに進めることができます。逆に証紙が見当たらない、捨ててしまったという場合は、当店のような着物買取専門店に査定依頼をされることをおすすめします。着物の専門知識と豊富な査定経験があれば、証紙がなくても、その着物が本物かどうかを判断することができます。
この証紙は、販売する際にも、買い手に本物であることを証明することができる重要なものとなりますので、捨てずにしっかり保管するようにしてください。琉球紅型の証紙には、琉球紅型の品質を保証するものとして、「沖縄県紅型検査済之証」、「伝統工芸品之証」、「琉球びんがた事業協同組合之証」、「伝統証紙」といった記載があります。

着物買取専門のザ・ゴールドにお任せください

沖縄県には古くから伝わる伝統的な着物が多く存在します。その中でも紅型は沖縄だけでなく、国外からの影響も受けながら発展した独自のデザインが印象的で、全国にファンも多いため、非常に人気があります。
最近では、様々な種類が作られるようになったため、買取査定における価値の見極めが難しくなっています。沖縄県の着物や帯をお持ちの方は、着物買取専門店に依頼することをおすすめします。 ご自宅に着なくなった紅型が箪笥に眠っているという方は、ぜひお気軽にご相談ください。

着物買取は宅配がいい?メリット・デメリットや郵送方法を紹介します

まとめ

時代が変わっても愛され続けている沖縄の伝統着物・紅型は、国内外の影響を受けながら、独自に発展を遂げてきた魅力ある着物として、非常に人気があり、中古市場でも高い金額で取引されています。ご自宅の箪笥で眠っている紅型の着物があるという方は、ぜひ一度、査定依頼をしてみてはいかがでしょうか?

最近のコラム

コラムをもっと見る